6月 13, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のウイスキーメーカーは世界的な需要の高まりを受けて設備投資を強化している

日本のウイスキーメーカーは世界的な需要の高まりを受けて設備投資を強化している

日本のウイスキーメーカーは、国内外での需要の高まりを受けて蒸留所への投資を強化している。

ニッカウヰスキー蒸留所は親会社アサヒビールを通じて水曜日、生産能力を増強するための設備投資を計画していると発表した。

両社は今年、約60億円(約3,800万ドル)を投資し、北海道、宮城県、栃木県の3つの生産拠点にモルトウイスキーの樽を保管する施設を新設する。

ニッカは世界のウイスキー市場が2040年まで年率2~3%で成長すると予想している。 来年以降も設備投資を継続し、2040年以降に国内外の年間売上高を4倍にすることを目指す。 2023 年の状況。

ニッカウヰスキーの為定一友社長は、「ジャパニーズウイスキーは世界5大ウイスキーの一つとして認められている」と語る。 同氏によれば、同社は着実な需要増加が期待できるプレミアムウイスキーを提供することで存在感を高める狙いがあるという。

同じく日本のウイスキーメーカーであるサントリーは、2024年までの2年間で大阪府と山梨県の蒸留所に約100億円、または約6,400万ドル相当の設備投資を約束した。

READ  日本月面着陸ライブ最新情報: SLIM が月面へ向かう