10月 7, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のインフレ率は8年ぶりの高水準に達し、日銀の目標を上回った

2022 年 5 月 20 日、東京のアメ横商店街を通り抜ける人々。 ロイター/キム・ギョンフン/ファイル写真

Reuters.com に無制限に無料でアクセスするには、今すぐサインアップしてください

  • 8 月の全国コア CPI 2.8% y/y vs f’cast +2.7%
  • 消費者物価は5カ月連続で日銀目標を上回る
  • アナリストは、コアCPIが10月に3%になると予想しています
  • 一部の人々は、インフレ率が 2% と予想を上回っていると感じています
  • 円安でコストが上昇する中、データは日銀のジレンマを強調している

[東京 20日 ロイター] – 8月の日本のコア消費者物価指数は2.8%に上昇し、ほぼ8年ぶりの年間ペースで最速となり、原材料価格の圧力と弱含みで中央銀行の目標である2%を5カ月連続で上回った。円。 拡大。

8 月のインフレの強さは、物価圧力が日本銀行 (BOJ) の予想よりも長く続くのではないかというエコノミストの間での疑念の高まりを助長しましたが、多くの人は超緩和的な政策がすぐに変更されるとは予想していません。

日銀は木曜日に 2 日間の政策会議を終了します。アナリストは、短期および長期金利をゼロ近くに維持することを決定する際に、経済回復の弱さを考慮すると予想されます。

Reuters.com に無制限に無料でアクセスするには、今すぐサインアップしてください

農林中央金庫のチーフエコノミスト、南武氏は「円安が日本にインフレをもたらしている。10月のコア消費者物価指数は3%になると予想されている」と述べた。

「インフレ率は、あと1年は2%以上にとどまる可能性が高い。これにより、日銀は物価の見方を変えることになるだろう」と彼は述べた。

揮発性の生鮮食品を除くが燃料費を含むコア消費者物価指数(CPI)の上昇は、2.7%の上昇という平均市場予測よりもわずかに大きく、7月の2.4%の上昇に続いた.

2014 年 10 月以来の急激な増加は、公共料金の値上げ、食料品や食料品の価格の上昇、および昨年実施された携帯電話料金に対するデータの薄暗い影響によるものです。

アナリストは、多くの小売業者が値上げを計画しており、2021 年の携帯電話料金削減の根本的な影響を計算から除外しているため、10 月のコア消費者インフレ率は 3% まで上昇すると予想しています。

索引 日銀がインフレの根底にある強さの重要な指標として注意深く監視している新しい食料費とエネルギー費の両方を取り除くことは、8月に前年より1.6%高かった.

ロイター・グラフィックス

日銀のハト派的な政策スタンスは、米国連邦準備制度理事会が水曜日に利上げを実施するとの予想とは対照的でした。

インフレデータは、日銀が超低金利を維持することで弱体化した経済を支えようとして直面しているジレンマを浮き彫りにし、輸入コストを上昇させる望ましくない円の下落を引き起こしました。

CPI データによると、8 月の商品価格は 1 年前より 5.7% 上昇しましたが、サービスの価格はわずか 0.2% しか上昇しませんでした。 これにより、労働集約的なサービス部門がより強力に価格を引き上げ、賃金の引き上げによってコストを相殺するという政策立案者の希望は打ち砕かれました。

家族が感じている痛みは、支持率が低下している岸田文夫首相に、成長を後押しするための新しい景気刺激策を展開するよう圧力をかけている。 続きを読む

世界第 3 位の経済大国は、第 2 四半期に年率 3.5% の成長を遂げました。 しかし、その回復は、Covid-19感染、供給の混乱、および原材料コストの上昇によって妨げられています. 続きを読む

他の主要経済国で見られる物価上昇に比べてインフレ率は依然として緩やかであるため、日銀は金利を非常に低く抑えることを約束しました。これは、世界的な金融政策の引き締めの結果です。

Reuters.com に無制限に無料でアクセスするには、今すぐサインアップしてください

木原ライカと和田貴彦によるレポート。 Daniel Lussink による追加報告。 Sri Navaratnam と Bradley Perrett による編集

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  日本のパイオニアは気分を変える必要があると言います