3月 5, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のインフレは貯蓄者を株に戻すだろうと取引所責任者が語る

日本のインフレは貯蓄者を株に戻すだろうと取引所責任者が語る

インフレにより日本は新たな時代に突入しており、より多くの家計が低利回りの銀行預金から貯蓄を移すよう促され、株価が上昇する可能性があると日本の株式市場規制当局の責任者は述べた。

東京と大阪の取引所を管理するJPXグループの山路裕美氏は、多くの日本人が多額の現金に座ることをやめ、日本の家計は1000兆円(7兆ドル)の銀行貯蓄を蓄えており、株式市場に目を向けると予想していると語った。生活コストの上昇に対してより良い収益を得るために。

「彼らはインフレが来るのを感じている……デフレのときは現金が王様だった。だがインフレが来たら備えておかなければならない」と山路氏はインタビューで語った。

今年JBX会長に就任した山地氏は、上場投資信託は多くの人にとって株式への最初のルートになるだろうと述べ、株式市場を長年リスクが高すぎると考えてきた個人投資家にとってより魅力的なものにしようとしていると述べた。

30年前に日本のバブル経済が崩壊して以来、多くの日本人は株の保有に非常に懐疑的だが、家計は長年の物価低迷により銀行預金がほとんど収益を失っているという事実を見逃してきた。

「たとえ収入にならなくても、彼らは気にしていないのです」と山路氏は言う。 「しかし、インフレが始まると。 。 。 インフレに備える必要があり、預金だけでは十分な収益が得られないことは明らかです。」

日本の消費者インフレの主要指標(生鮮食品とエネルギーを除く)は4月にほぼ42年ぶりに4%を超えた。

物価がより広範囲に上昇する中、市場では日銀の上田和夫新総裁が数十年にわたる超緩和政策を段階的に転換するとの期待が高まっている。

一方、日本の株式市場は33年ぶりの安値に戻った。 山地氏の下で投資家に資本効率の改善と企業価値の向上を企業に強く働きかけるようJPXが取り組んできたおかげで、広範なTopix指数は今年14.5%上昇した。

しかし、この増加は主に海外ファンドによるもので、日本の国内投資家、特に個人投資家はより慎重でした。

山路氏は、1980年代にお金を失った世代が成人するにつれて、株式市場への投資に対する日本のアプローチも変化するだろうと示唆した。

同氏は「バブル崩壊時に本当にひどい経験をした世代がいたが、それは35年前のことだが、そのようなひどい経験をした人の数は減少している」と述べ、若い世代の投資家は警戒心が低いと付け加えた。 過剰貯蓄のリスク資産への転換について。

2014年以来、約1,700万人の日本人がNISAと呼ばれる税金免除の投資商品を開設した。 それ以来、株式市場は50%近く上昇し、若い世代の投資家は多額の含み益を抱えたままになっている、と山路氏は語った。

政府は来年から投資制度を大幅に拡充し、投資家がNISA口座を利用して年間最大360万円の株式を購入できるようにし、現金貯蓄から株式投資へのシフトが加速するとの期待が高まっている。

READ  日本文化の門は、日本文化をデジタルで解き放つ運命にあります