7月 21, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の%アラビカ種がフランチャイズ加盟店Bean Aliveとともにトルコにデビュー

日本の%アラビカ種がフランチャイズ加盟店Bean Aliveとともにトルコにデビュー

イスタンブールでの立ち上げは、スペシャルティコーヒーチェーンの10番目の欧州・中東・北アフリカ(EMENA)市場を代表するもので、今後12か月以内に予定されているフランス、スペイン、ハンガリーでの立ち上げに先行する。

アラビカ社は、フランチャイズ加盟店のビーン・アライブを通じて、2025年末までにトルコに10店舗をオープンする計画だ。 写真提供: デビッド・クリスティアーノ


京都を拠点とするスペシャルティコーヒーチェーン「%アラビカ」がトルコ初の店舗をイスタンブールにオープンする。
高級ショッピングとおもてなしの街、バダット通り。

地元フランチャイズ「ビーン・アライブ」との提携により、%アラビカは2025年末までにトルコのアナトリアとバルカン地域に10店舗をオープンする予定だ。

「%アラビカはトルコのコーヒー消費に新たな視点をもたらすと信じています。サードウェーブコーヒー体験とセカンドウェーブコーヒー文化の機能原理を組み合わせたブランドを大衆市場に紹介できることは、私たちにとって大変光栄です。」イスタンブールのBağdat Avenueにある最初の店舗から始めて、すぐにヨーロッパ側やさまざまな場所に拡大していきます」とBean Aliveの共同創設者Evren Bingol氏は語った。

関連コンテンツを読む: トルコの繁栄するコーヒーショップ市場で古い伝統と新しいトレンドが出会う

% アラビカは、2014 年 9 月に日本の京都に 1 号店をオープンし、現在、世界 24 市場に 191 店舗を運営しています。

このコーヒーチェーンのトルコでのデビューにより、現在アラビカ社の唯一の欧州市場である英国の4店舗に加え、バーレーン、ヨルダン、クウェート、モロッコ、オマーン、カタール、サウジアラビアを含む中東および北アフリカ(MENA)全域で強力な存在感を示すことになる。アラビアとアラブ首長国連邦。

このスペシャルティコーヒーチェーンは今四半期、カイロのU Venuesショッピングセンターにエジプト初の店舗をオープンする予定で、間もなく参入する市場としてフランス、スペイン、ハンガリー、メキシコ、ネパールを挙げている。

READ  為替介入は必要、適切:日銀の黒田氏