9月 19, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のアニメ業界の売上高は、10年の最初の秋である2020年に急落しました

日本のアニメ業界の売上高は、10年の最初の秋である2020年に急落しました

2020年10月16日、東京の劇場で、吾峯幸治の有名な日本の漫画「鬼滅の刃」を原作とした映画の看板が見られます。 (京都写真)

東京:日本のアニメーション制作部門の売上高は2020年に1.8%減少し、10年ぶりに減少しました。

大ヒットレコードのような映画 ゴーストキラー 信用研究所によると、マンガシリーズは流行の影響を相殺することができませんでした。

ディエゴデータバンクの最近の調査によると、昨年の業界売上高は、2019年の2,557億円から2,511億円(760億バーツ)に増加した。

映画産業では、産業は崩壊しました デーモンキラー-映画:フェイストレイン、日本興行史上最高の興行収入400億円以上の映画。

他のヒット映画の1つ バイオレットエバーガーデン:映画京都アニメーション囲碁の映画は、2年前に会社のスタジオで発生した火災の犠牲者の一部についてのものでした。

それでも、Covid-19の流行は多くのスタジオで制作プロセスを遅らせ、300のアニメーション制作会社の48.6%が2020年までに売上の減少を報告するようになりました。

1社あたりの平均年間売上高は2020年の4年ぶりに8億3100万円に落ち込んだものの、昨年は31.6%増となった。

調査によると、利益面では、37.7%が損失を経験し、29.5%が利益の減少を報告し、31.1%の利益成長を記録しました。

調査会社によると、日本のアニメ業界の見通しは厳しく、中国のアニメ会社との競争が激化する可能性が高いという。

中国企業は、日本のスタジオで株式を取得することにより、日本の人材を雇用し、日本の製造技術を習得するためにより高い賃金を支払っています。 ディエゴデータバンクは、アニメーションの品質が近年改善された機能で改善されていると述べました。

READ  ニューヨークで襲われた日本人ピアニストが舞台に戻る