5月 20, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のほとんどの人は4回目のKovit-19ショットを好みますが、副作用によって妨げられる人もいます

日本のデータ

健康


日本政府は現在、4回目のCOVID-19ショットを発行する準備をしています。 ある調査によると、すでにワクチン接種を受けた人の半数以上がワクチンを接種したいと思っていますが、16%は接種したくないと答えています。

日本トレンドリサーチは、3月下旬から4月上旬にかけて全国1,200人にCOVID-19ワクチンについて調査を行いました。 回答者の42.9%が3回目の投与を受けました。 さらに41.2%が2回目の接種を受け、0.2%が1回目の接種を受けましたが、15.8%はまったくワクチン接種を受けていませんでした。

ワクチン接種を受けていないと答えた人のうち、57.7%がワクチン接種を受けたくないと答えました。 この立場の具体的な理由としては、「ワクチンの有効期間に比べて副作用のリスクが高い」、「ほとんどの人がワクチンを接種しても、感染拡大の抑制に改善はない」などがあります。

4回目の接種を希望するかどうかを尋ねられたとき、1,011人のワクチン接種を受けた人々の53.7%が少なくとも1回は「はい」と答えました。 さらに16.1%が気に入らなかったと答え、30.2%が決めなかったと答えました。

また、服用が必要な方からは、「仕事を辞めたら周りの人には難しい」「年をとっているので、深刻にならないようにできれば副作用を受け入れたい」との意見もありました。 病気。”

逆に、それが気に入らなかった人は、副作用のために、「彼らは緊張する」または「2回目と3回目の投与で徐々に悪化する」または「私はまだ疲れて痛みを感じる」と言いました。 3回目の投与から私の手に。」

(もともと日本語で発行されています。バナー写真©Pixta)

ワクチン
COVID-19(新型コロナウイルス感染症)
国際的な拡大

READ  日本はオミグランの蜂起に備えて国境管理を行っています