5月 23, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のお気に入りのおやつは世界のインフレで最初の値上げを打つ| 日本

40年前に発売されて以来初めて、日本で最も切望されているスナックの1つである最大20%の価格が上昇しました。

しかし、4月に変更が実施されたとき、うまい棒(実際には「おいしいスティック」)は、現在の10円から、学校の生徒1人あたり12枚(消費税を除くUS10c)盗まれています。

トウモロコシのスナックメーカーであるヤコインは、1979年のウマイヤ朝の売却後、米国から輸入されたトウモロコシの価格が上昇したと非難した。

数字は小さいですが、2c未満の増加は象徴的です “インフレに抵抗する「日本では、企業は原材料費の上昇を消費者に転嫁することに消極的です。

東京在住の江田典子さん(59)は、このニュースに「驚いた」と語った。 「うまい棒は長い間同じ価格だったので、2の増加は大したことです。」

東京の保坂直美フェローは、インフレ傾向が世界経済に影響を及ぼし、子供向けのおやつなどの安価な商品に影響を与えているのは少し悲しいことだと語った。

アルミホイルで包まれた円筒形のスナックは、多くのベースに基づいて、ダースのフレーバーがあります 日本食スパイシーなゴットローやタコヤキタコボールのように、コーンスープのクリームが一番売れています。

毎年約700mのスティックがパックで個別に販売されています(1人あたり約5年半)。

うまい棒の低価格とハイパーアクティブなロゴが入ったカラフルなラッパー உமேமன் おやつは、小学生やお菓子屋さんの欲求を直したいというお年寄りの愛情のなかで特別な場所を見つけました。

これまで、日本企業は圧縮パッケージによってコストの上昇に直面していました。うまい棒は2007年に1グラムの重量を失いましたが、値上げはより定期的に発生する可能性があります。

東京のスナックバーのバイヤーである根本武は、次のように述べています。 「メーカーの観点からは、価格を上げるまで利益を上げることはできません。」

有名人のファンは10円の値札の終焉を悼み、日本の「国民的スナック」としての地位を失った可能性があります。

ロックミュージシャンの小澤淳史は、バンド、スナック、そしてその「奇跡」の価格について、「歴史にターニングポイントがあります」とツイートしました。 2010年の歌。 「価格は曲ごとに異なり始めています」と彼は言いました。

ウマヤドのルーツは、野狐の現社長スミアマサヒコの祖父母が果物や野菜の店でエビのクラッカーを販売し始めた中部日本で見つけることができます。 毎日新聞によると、彼の父は第二次世界大戦後に東京に引っ越した1960年に会社を設立しました。

ロイターと

READ  米国のインフレが予想に沿って下落するにつれて、ドルは下落している