10月 7, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の「天皇」はF1キャリアを逃す

2013 年、Autosport は F1 でレースをしたことがない 50 人の偉大なドライバーのリストをまとめました。 故ゴンザロ・ロドリゲスを含むいくつかの伝説的な名前を上回り、27位でフィニッシュした日本人ドライバーは1人だけでした。 1999年インディアナポリス500で優勝したケニー・ブラッグ複数の GT チャンピオンであるクリストフ・ブシャールとル・マンのエースであるアンドレ・ロッテラー (2014 年にスパで 1 回限りの F1 に出場する前)。

本山は母国日本での功績で最もよく知られており、当時フォーミュラ・ニッポンとして知られていたもので 4 回の優勝を果たしました。これは現代の記録です。また、JGTC/スーパー GT でさらに 3 つのタイトルを獲得し、そのニックネームが付けられました。 ‘天皇’。

しかし、20 年前、本山は F1 に夢中になり、グランプリ レースの希少な世界に参入するために真剣に取り組んだため、グランプリ マシンのハンドルを 2 回握りました。 残念ながら、これらの努力は報われず、本山の実現されなかった野望は、日本のモータースポーツファンが熟考するための素晴らしい「もしも」の物語の1つとして残されました.

本山が初めてF1に試乗できたとき、彼はすでに32歳だった。 彼の日本国外での唯一のプロとしての経験は、ル・マン 24 時間レースでの長年の雇用主である日産の 2 回の出場でした。

これは、1998年と2001年にフォーミュラ・ニッポンのタイトルを獲得し、日本での評判を築くことに全力を注いだことによるものです。 しかし、シーズン序盤、2003年に幼なじみが亡くなったことで、彼は3度目の栄冠を手にした。 その年の鈴鹿でのMotoGPレースでのクラッシュは、加藤大治郎に彼のアプローチを変えるよう促した.

「フォーミュラ・ニッポンで優勝して以来、F1チームとの接点はありましたが、正直なところ、海外でレースをするつもりはありませんでした」と本山は振り返る。 「でも、親友の加藤大二郎が亡くなった後、彼の遺産を引き継いで、自分がどれだけ一生懸命働いているかを彼に見せたいと思い、海外で自分自身に挑戦する時が来たと判断しました.

「2003年はフォーミュラ・ニッポンとJGTCの両方でタイトルを獲得することができました。 日本のレースはそれほど難しいものではないと感じていたので、機会があればF1に行きたいと思っていました。

本山はその年の日本グランプリで2003年のジョーダンEJ13を運転した.

写真:サットン画像

「当時、ジョーダンは金曜日にプラクティスで使うドライバーを探していたので、行ってみようと思った。F1カーはやってみないとどう動くか分からないし、タイミングも良かった」だから私は行って機会を得ました。

ジョーダンは、グランプリ週末の金曜日に 3 台目のマシンを走らせる代わりに、2003 年にある程度の個別テストを放棄することに同意したチームの 1 つです。 これにより、本山は鈴鹿で開催されたその年の日本グランプリでドライブするための扉が開かれ、慣れ親しんだトラックで F1 カーをモデル化するための低プレッシャーな方法が彼に与えられました。

2時間のセッションでの本山のベストエフォートは1分35秒044で、ジョーダンのナンバーワンジャンカルロ・ピチェッラより2.5秒強早く、フォーミュラ・ニッポンのかつてのライバルである2台目のフォードのラルフ・ファーマンよりも1秒遅れていた。 – EJ13 を実行しています。

「当時のフォーミュラ・ニッポンのクルマと比べると300馬力くらいの差がありました。鈴鹿を走っていると『やばい!』って感じでした。 本山 聡

2003年までに、ジョーダンはミナルディに次ぐ2番目に遅いチームとして確固たる地位を確立しましたが、本山は、その年のフォーミュラ・ニッポンのタイトルにつながるローラ・ムガン・ホンダのパッケージと比較して、依然としてパフォーマンスの差に圧倒されていました.

「当時のF1カーは非常にハイテクでした」と本山は語る。 「ほとんどオートマチックに感じられるセミオートマチックのギアボックスがありました。しかし、最初に運転したときに最も驚いたのはそのパワーでした。当時のフォーミュラ・ニッポンの車と比較すると、300馬力のギャップがありました。鈴鹿をドライブして、私は「うわー、きつい!」のように。

日本GPの1週間後、本山はもてぎで3度目のフォーミュラ・ニッポンのタイトルを獲得し、翌月にはNISMOのコ・ドライバーであるミヒャエル・クラムとともに、スーパーGTの前身であるJGTCで日産にタイトルを与えました。 F1テストチェリーで2度目のバイトへの扉を開いたのは後者の成果でした。

2003 年、ルノーと日産のアライアンスはまだ比較的新しいものであり、日本での 2 つの主要なキャンペーンの後、12 月初旬にヘレスでルノー R23B のハンドルを握り、リンクが手渡されました。 最後に来ました。

本山のジョーダン・スズカよりもはるかに厳しいテストになるだろう。 今度は、彼はまったくなじみのないトラックの奥深くに投げ込まれ、15 人のドライバーと共有され、非常に競争力のある車のハンドルを握ります。 さらに重要なことに、彼は姉妹ルノーのフェルナンド・アロンソに他なりません。

本山はその見通しに「神経質になった」と認めたが、最終的には49周を記録し、その最速は1分19秒992だった。 これにより、最終的なチャンピオンであるアロンソのペースから 12 位と 2.1 秒遅れましたが、本山は、彼とアロンソが同じタイヤを履いていたとき、彼はスペイン人から 1 秒以内だったと考えています。

本山は2003年のルノーのヘレステストでアロンソと対戦したが、スペイン人とトゥルーリはすでに契約を結んでおり、レースの場所を確保する可能性はわずかだった。

本山は2003年のルノーのヘレステストでアロンソと対戦したが、スペイン人とトゥルーリはすでに契約を結んでおり、レースの場所を確保する可能性はわずかだった。

写真:サットン画像

R23B での 1 日のことを本山は次のように振り返ります。 [fourth]ということで、ジョーダンに比べて洗練されていて高級感があり、運転しやすい車でした。 私は彼らが何であるか本当に知りません [the Renault hierarchy] 私は自分のパフォーマンスについて考えました。 でも運転は難しくないと思います。

「最初から、ルノーでテストを行ったからといって、ルノーでポジションを獲得できるわけではないことは理解していた。 でも、何もやらなければ何も始まらないし、いろいろやってみると何かいいことがあると思っていました。

言うまでもなく、アロンソとヤルノ トゥルーリはすでに 2004 年契約を結んでおり、本山はレース ドライブを主張する方法がありませんでした。 ジョーダンやミナルディのようなミノーチームにスポットを当てることでさえ、このメーカーが支配する時代にこれらのチームが生き残るために必要な財政的支援がなければ、常に困難な闘いを証明することになります.

「当時の最新のF1カーを運転するのは素晴らしい経験でしたが、実際にF1の世界に入り、F1ドライバーになることはまったく別の話でした」と本山は続けます。 「私が持っていない適切な管理体制がなければ、F1で自分の仕事を適切に行うことは不可能だと思っていました。

「それでも、その冬、できる限りの可能性を探りました。 お金にまつわるトラブルが多く、ストレスフルでつらい冬でした。 その上、同時に日本での席を失った [with Team Impul in Formula Nippon].”

続きを読む:

F1に集中することで、本山はインパールでフォーミュラ・ニッポンのシートを見つけ、将来スーパーアグリのドライバーである伊藤裕二に取って代わられました。 これは、3度のチャンピオンのアンダードッグ5Zigen(ゴージゲンと発音)と再会する新たな動機となりました.

「5ギゲンは何年も苦戦していました」と本山は語る。 [All-Japan] F3が近づいてきた [5Zigen boss Shoji] 木下さんとはF3で再びチームを組み、そこからレースドライバーとして働くことができました。 その感謝の気持ちを込めて、5Zigenに入社しました。 5Zigenで勝つことが私の新たな挑戦になりました。

2004 年に 5G を使用して F1 に参戦するという本山の試みは失敗に終わりましたが、弱者チームで 1 勝しかできず、ポイントで 6 位に終わった後、2005 年にインパラに戻りました。

2004 年に 5G を使用して F1 に参戦するという本山の試みは失敗に終わりましたが、弱小チームで 1 勝しかできず、ポイントで 6 位に終わった後、2005 年にインパラに戻ってきました。

写真:石原靖

「それまではインパールで走っていたので、そういう意味では簡単に勝てたとは言えず、個人的には新たな挑戦ができたら面白いなと思いました」

本山は5Zigenのレースに勝つことができたが、彼と新しいチームメイトのリチャード・ライオンズ(たまたまその年のフォーミュラ・ニッポンのチャンピオンだった)は、日産のJGTC王冠を守ることに成功したが、タイトルショットは彼の手の届かないところにあった.

2005年、彼は3台目の車でインパールに戻り、4度目のフォーミュラ・ニッポンのタイトルを獲得し、2008年にはブノワ・トレルイールとともに日産のスーパーGTの栄誉を獲得し、同世代の最高の国内ドライバーとしての本山の評判を確固たるものにしました. 彼はわずか47歳で、2018年シーズンの終わりまで日産のGT500ラインナップの一部にとどまります。

「自分がF1を目指すタイプのドライバーではないことはわかっていました。日本での快適さと自由な生活が好きでした」 本山 聡

現実的には、テストしてもテストしなくても、本山がF1で終わる可能性は低い。 彼の明白な才能にもかかわらず、彼はヨーロッパでつながりがなく、日産のドライバーとして、ホンダやトヨタとの提携に伴う機会はありません。 彼の年齢も彼に不利に数えられました。 1998年に初めてフォーミュラ・ニッポンのタイトルを獲得したとき、彼はすでに20代後半でした.

本山は、グランプリマシンをモデル化する 2 つの機会を今でも懐かしく振り返っています。彼のキャリアのある時点で、世界最速のシングルシーターでそれをハックできることを自分自身に証明し、できる限りのことをしたと感じていました。 彼の故郷。

「F1は私の夢ではありません」と彼は言います。 “実を言うと、 [before 2003] F1ドライバーになるという考えはあまり考えていませんでした。

「レーシングドライバーは自分自身に挑戦するさまざまな方法を持っており、誰もがF1を目指しているわけではありません.私はF1を目指すタイプのドライバーではないことを知っています.日本での生活の快適さと自由が好きでした.

「しかし、私はF1カーを運転したかったし、それを行うためのスキルを持っていることを確認したかった.私は自分自身に「ああ、それを扱うことができる」と思った.だから、それは良い経験だった.

本山は、コードを実現するには遅すぎるとしても、F1 エンジンのプロトタイプを作成できたことを嬉しく思います。

本山は、コードを実現するには遅すぎるとしても、F1 エンジンのプロトタイプを作成できたことを嬉しく思います。

写真:ピーター・スピニー/ モータースポーツ映画

READ  Pico 4 は 10 月 18 日にヨーロッパ、日本、韓国で 429 ユーロで出荷されます