6月 24, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本と台湾上空で中国の偵察気球と思われるものを示す新たな画像 – 報告書

日本と台湾上空で中国の偵察気球と思われるものを示す新たな画像 – 報告書

中国の探気気球計画が明るみに出てから数カ月後、2021年から東アジアの日本と台湾の上空を飛行する探気球の画像が複数発見された。

人工知能企業シンセタイクが撮影し、BBCと共有した珍しい衛星画像には、中国の隣国である両国を横断する気球の画像がいくつか映っていた。

これらの気球のうちの1機が2021年9月上旬に北日本上空を通過したとBBCが報じた。

Sythetaicの創設者であるCory Jaskolsky氏は、これらの気球の発射地点の証拠は中国の深蒙古まで南にあった可能性があると述べた。

BBCパノラマチームの調査によると、台湾気象局が撮影した他の写真には、2021年9月下旬に首都台北の上空に気球が写っていたことが判明した。 空のUFOの目撃情報を記録するために、地域全体で写真が撮影されました。

ジャスコルスキー氏は、気象局の調査結果と衛星画像を相互参照しながら、チームが台湾沖で気球を90秒以内に発見したと述べた。

日本の当局者らは、今年2月に米国上空で偵察気球が目撃された後、米国がたどった道をたどって、将来的に偵察気球を撃墜する用意があることを確認した。

アジアの国は最も近い同盟国であるため、ワシントンは他のどの外国よりも多くの米軍を日本に駐留させている。

元CIA東アジア分析官ジョン・カルバー氏は、一連の試みは少なくとも5年前に遡ると述べ、中国の気球は「長距離旅行」用に特別に設計されており、一部は「世界を周回」したと指摘した。 声明はこう付け加えた。

国防総省が公開した2023年2月22日の資料写真では、2023年2月3日、米国上空を漂う中国とみられる監視気球を見下ろす米空軍のU-2パイロットが写っている。 (国防総省、AP経由)

(パブリックドメイン)

この 2023 年 2 月 1 日の資料写真では、モンタナ州ビリングの上空に中国のスパイ気球と思われるものが写っています。

(チェイス・ドッグ/AFP、ゲッティイメージズ経由)

今年初めに米国当局がサウスカロライナ州沖で中国の気球を撃墜した際、この動きは中国が「何年も」実施してきた大規模な監視プログラムの一環であるとして、国防総省から要請された。

国防総省報道官のパット・ライダー准将は、気球は「中国側の関心のある場所」上空を飛行したと述べた。

中国は、気象調査に使用された民間の気球だったと主張し、米国のスパイ疑惑を否定した。 習近平政権も米国の撃墜を厳しく批判している。

この事件は米中関係に汚点を残し、双方は二国間の緊張を共に管理しながら関係を回復するための外交手法の評価を迫られている。

ライダー准将は中国の説明を拒否し、「これは民生目的ではないと断言できる…そのことについては100パーセント明らかだ」と述べた。

アンソニー・ブリンケン米国務長官は、ジョー・バイデン政権がこの計画について数十カ国に説明を行ったと述べ、当局者らはこの計画は五大陸で実施されていると述べた。

同氏は2月に訪問したNATO長官イェンス・ストルテンベルグ氏との記者会見で「米国だけが標的ではない」と述べた。 中国はBBCの報道に対してまだ反応していない。

READ  米ドル/円予測:日本のインフレが円に与える影響と将来の金利決定