5月 18, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本とフィリピンも安全保障協力に関する合意を求めている

日本とフィリピンは土曜日に、中国とロシアのウクライナ占領との地域的緊張の中で、軍隊間のより緊密な協力を可能にする可能性のある安全保障協定についての協議を開始することに合意した。

日本の林芳正外相と岸信夫国防相、そしてフィリピンのセオドロ・ロキシンとデルフィーヌ・ロレンツァーナは、最初の安全保障会議である「2 + 2」(安全保障協定)で相互アクセス協定について正式な議論を開始することに合意した。 彼らの軍隊が互いに訓練し、防衛装備を交換し、協力を強化することを可能にする。

米国の2つの同盟国である日本とフィリピンは、近年、合同演習と安全保障協力を強化している。 2020年、東京とマニラは日本の空中レーダーシステムをフィリピン軍に輸出することに合意した。

土曜日に、4人の大臣は東シナ海と南シナ海での「緊張をエスカレートさせる可能性のある措置」に激しく反対し、国際法の下で競合する主張を解決するための規則に基づくアプローチへのコミットメントを再確認した。 ロシアによるウクライナの占領は、ヨーロッパだけでなく、国際的に認められた国境の一方的な変化を受け入れない国際秩序の下でのアジアにも影響を及ぼします。

中国が彼らの主な関心事であるという含意にもかかわらず、彼らは国を名前で特定することを慎重に避けました。

ロレンザナ氏は会見後、共同記者会見で、「安全保障協力と運営をさらに拡大する可能性を探る」と「相互に関心のある問題に取り組む能力と能力を開発する方法を探る」ことに合意した。

岸氏は、最初の「2 + 2」会合は、「両国間の安全保障関係をさらに深めるための努力の始まり」であると述べた。

1月、日本はオーストラリアと防衛協力協定を締結しました。これは、日本の唯一の同盟国である米国を除くキャンベラにとって最初の協定です。

日本は近年、米国や他のパートナーとの安全保障交渉や共同演習を大幅に拡大しており、世界で最も混雑するシーレーンの一部を含むこの地域での地域的主張を主張することに関する中国の懸念を共有しています。

日本は特に、中国が主張し、ディオユと呼んでいる、日本が支配する尖閣諸島の近くの東シナ海での中国軍と沿岸警備隊の作戦に懸念を抱いている。

中国、フィリピン、ベトナム、台湾、マレーシア、ブルネイはすべて、南シナ海の潮汐水路をめぐる緊張した地域紛争の激化の数十年に閉じ込められてきました。

中国の習近平大統領の退任フィリピン大統領ロドリゴ・ドゥテルテが、北京とマニラは南シナ海の問題を適切に処理し、「軍事同盟を強化することによって地域の安全を達成することはできない」と述べた後、土曜日に日本とフィリピンの間で合意に達した。 新華社通信。

READ  日本は大型ボートを使用して自律航行をテストします