2月 3, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本とインドが1月に初の合同戦闘機演習を実施 – 特使

日本の航空自衛隊 (JASDF) とインド空軍 (IAF) は、今月後半に日本で初の二国間戦闘演習を実施し、中国の軍事施設とインドとの間の両国の防衛および安全保障関係における歴史的なマイルストーンをマークします。領域。 硬さ。

ウィアーガーディアン2023と呼ばれる彼らの最初の合同空中戦演習は、茨城県の日栗基地と埼玉県の入間基地で1月16日から26日まで行われる。 航空自衛隊は F-2 戦闘機 4 機と F-15 戦闘機 4 機で参加しており、IAF は Su-30 MKI 戦闘機 4 機、C-17 輸送機 2 機、IL-78 タンカー 1 機を配備しており、乗組員は約 150 人です。 従業員。

井筒俊二参謀総長は「日印合同戦闘機訓練を実施することで、自衛隊の戦術能力の向上、日印空軍間の相互理解の向上、防衛協力の一層の深化を目指す」と述べた。 1月12日、東京の防衛省で記者会見。

「日本とインドは特別な戦略的グローバルパートナーシップ関係を築いている」と井筒氏は述べ、「演習の開催は、航空自衛隊とIAFがすでに成熟した関係を築いていることを意味する」と付け加えた。

1月10日にヒャグリ空軍基地で記者団に対し、IAFグループのロヒット・カピル大尉が演習を指揮し、演習は長年の友情を強化し、防衛協力を強化すると述べた。 二つの国。

この記事を楽しんだ? フルアクセスを購読するには、ここをクリックしてください。 月額わずか5ドル。

同日、東京から北東に約80キロ(50マイル)離れた基地にIAFチームが到着し、歓迎式典が行われた。

2019 年 11 月にニューデリーで開催された最初の 2+2 外務・防衛大臣会合で、両国は日本での初の二国間共同戦闘機演習の調整を継続することに合意したが、COVID-19 パンデミックにより延期された。 いすゞ。

日本とインドは、四国安全保障対話 (Quad) として知られる 4 つの主要な民主主義国の同盟の半分を形成しています。

米国とオーストラリアを含む多国間イニシアチブは、自由で開かれたインド太平洋地域を維持し、争われている南シナ海と東シナ海における中国の軍事力と影響力の増大に対抗することを約束しています。

「インドは志を同じくする国であり、航空自衛隊はそのような国の空軍との防衛協力を深めることを目指している」と井筒は主張した.

演習は中国に対する試練となる。 北京の見解では、台湾または日本が支配しているが中国が支配している東シナ海の尖閣諸島/天王島への仮想的な侵略において、中国は台湾と日本の周辺地域に自国の戦闘機を集中させたいと考えている。 しかし、日本とインドが協力すれば、中国はインドとの国境を心配せざるを得なくなります。 逆に中国がインドに侵攻すれば、日本が心配になる。

軍事的な観点からすると、初の二国間戦闘合同演習は、航空自衛隊にとってかけがえのない機会となるでしょう。 1 つは、スホーイ Su-30MKI で、当初はロシアのスホーイによって開発され、インドのヒンドゥスタン エアロノーティクス リミテッド (HAL) によってライセンスの下で IAF 用に製造されました。 この演習は、航空自衛隊がロシア製の航空機を使用して空中戦訓練を実施する機会です。

特に、中国の J-16 戦闘機もロシアのスホーイ Su-30 の発展版である。 航空自衛隊は、近年、日本の領空に接近する中国軍用機に対応するために戦闘機の緊急発進に忙殺されているため、IAF との最初の二国間戦闘機訓練は、中国の航空機に対処するための航空自衛隊の戦術能力を向上させるのに役立ちます。

記者会見で井筒に聞いてみた。

彼は、航空自衛隊と IAF の両方が、2022 年 8 月と 9 月に 3 週間にわたるオーストラリア空軍 (RAAF) による Pitch Black 2022 と呼ばれる国際演習に合計 17 カ国のうち参加したことを指摘しました。 日本がロシア製の航空機で訓練を行うのはこれが初めてではない。

この記事を楽しんだ? フルアクセスを購読するには、ここをクリックしてください。 月額わずか5ドル。

井筒はまた、インドとの日本初の二国間戦闘機演習は、中国のような特定の国を対象としたものではないと強調した。

READ  日産はロイター経由で日本でのサクラEV、エクストレイルの注文を停止