9月 30, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本でJETプログラムに取り組むマイアミ出身のミゲル・リシュマウさん

日本でJETプログラムに取り組むマイアミ出身のミゲル・リシュマウさん
2021年夏季オリンピック日本大会でボランティアをするミゲル・リシュムイさん(中央)。

FIU卒業生でFIU日本クラブの元会長であるミゲル・リシュマウイは、現在、日本の富山県高岡市で、参加者が世界中の学校で働くように手配するジャパン・エクスチェンジ・アンド・ティーチング・プログラム(JET)を通じて働いています。 全国の教育委員会や官公庁。

「2015年に日本語を勉強していたとき、東京オリンピックのボランティアに目を向けました」とRishmouiは回想します。 「スポーツが好きだったので、オリンピックに何らかの形で関わることが私の夢でした。 2018年にJETプログラムに参加することができ、同年東京オリンピックのボランティアに応募しました。

Rischmaui は、日本武道館の言語サービス部門 (LAN) のフィールド アクター チーム リーダーに選ばれました。 彼女の責任には、オリンピック柔道、オリンピック空手、パラリンピック柔道のスペイン語翻訳者および通訳者としての役割が含まれます。 ボランティアは他の人とのコミュニケーション方法や手順の翻訳方法を学ぶため、トレーニングは約 2 年間続きました。 チームリーダーとして、特定の状況をナビゲートし、他の人と協力するための追加のトレーニングも受けました。

「私は主に、メディアのインタビュー中にアスリートを支援する責任がありました」とリシュモイは言いました. 「LAN のボランティアは、通常、試合後に最初にアスリートに会います。これは、カメラが回っていないときに起こる生の感情をすべて見ることができることを意味します。喜びと悲しみの涙、興奮と欲求不満。それぞれの感情をはっきりと見ることができました。アスリートが感じていることを感じることができました. やった. パワフルで強烈でした. すべてのアスリートはとてもフレンドリーでした.

1987年に設立されたJETは、日本政府が運営する唯一の教育交換プログラムであり、日本に住んで働いている世界中の人々と出会うユニークな文化交流の機会を提供しています。

「東京オリンピックでのボランティアは、JET としての私のハイライトでした」と Rishmoui は言いました。 「多くの国際的な人々と出会い、一生続く素晴らしい思い出を作ることができた、本当にユニークな経験でした。

フロリダ州では、JETプログラムはマイアミの日本領事館によって運営されています。 現在までに、日本からフロリダに 600 人以上の JET 参加者を派遣しました。

在マイアミ日本大使館のJETプログラム・コーディネーターであるChristopher Brickey氏は、「JETプログラムに受け入れられ、一緒に働くことは、一生に一度の機会への扉を開きます。仲間のJET参加者と異文化間の会話を続けています。」

JETプログラムは9月から募集を再開します。 詳細については、次をご覧ください。 www.miami.us.emb-japan.go.jp/itpr_en/JETProgram.html または、jet@mi.mofa.go.jp までメールをお送りください。


顧客とつながり、ビジネスを成長させる

ここをクリック


READ  東京オリンピック2020:準々決勝で日本がサウンドホワイトをノックダウンした場合のペナルティ