4月 18, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本で期待される成長株の回復 – Quaero Capital

エッセイ画像

クエロ・キャピタル・アトランティス・ジャパン・グロース・ファンドの東京を拠点とするファンドマネージャーであるセタシ妙子氏とロバート・タル氏は、ロンドンで開催されたメディアイベントで日本への投資の将来について話し合っています。

困難な数年間にもかかわらず、Quaero の Atlantis Japan Growth Fund のリード ポートフォリオ マネージャーである Taiko Setashi 氏は、日本でのセンチメントは変化しており、成長株に関心があると考えています。

日本への投資の利点を概説し、ファンドのポートフォリオ マネージャーである Robert Dull は、日本は他の市場に比べて割安であると述べました。 「これは債務ではなく、キャッシュフローはかつてないほどに増加しており、市場の半分はセルサイドのカバレッジが大きくないため、調査中です」と彼は言いました。

地政学的な緊張、インフレ、中央銀行の政策、世界的な景気後退のリスクが市場の中心にある一方で、インフレのピークは過ぎたという感覚が強まっています。 中国は新型コロナウイルスゼロ政策の終了を発表し、日本を含むアジアの経済回復への期待を後押しした。

日銀は 12 月に利回り曲線引き締め政策を拡大して市場を驚かせ、1 月中旬の会合では政策を変更しなかった。 これにより、さらなる円安の潜在的な危機はすでに拡散しており、4月に就任する日銀の次期総裁への円滑な移行に向けた土台ができたとタル氏は述べた。

日本は、自動化された生産ラインを備えたハイエンド技術のリーダーです。 電気自動車の生産に重要な強力な半導体産業があります。 また、大規模な核能力を備えているため、ロシアとウクライナの間の戦争によって引き起こされたエネルギー危機の影響を受けにくくなっています。


アトランティス日本開発基金
1996 年に設立されたクエーロのアトランティス ジャパン グロース ファンドは、ガーンジーに本拠地を置き、ロンドンに上場している投資信託です。

非常に困難な 2 年間を経て、セダシ氏は今年、特定の成長株が回復すると予想しています。 ファンドは 1 月に毎月 4.03% のリターンを上げ、トピックス トータル リターン インデックスを毎月 3.3% 上回っており、フェイス ベアとは異なり、サイクルの底で年 5.5% を投資家に支払っています。 グループ。

このファンドは、安定した収益成長を実現できる過小評価され、十分に研究されておらず、急速に成長している企業に重点を置いて、長期的な資本成長を達成することを目指しています。

日本の人口の高齢化と技術の観点から、重点分野には医療が含まれます。 日本では、2030 年までに観光客数が 2 倍の 4,000 万人になると予想されており、これにはインフラストラクチャも含まれます。

主な保有企業には、ソフトウェア テストのリーダーであるシフト、インターネット イニシアティブ ジャパン、半導体ケース管理プロバイダーのジャパン マテリアルズ、三井住友フィナンシャル グループなどがあります。 同社は最近、生命保険をオンラインで提供するスペシャリストであるライフネット保険に参入することで、保険業界での存在感を高めています。

2005 年にジュネーブで設立された Quaero Capital LLP は、28 億ユーロ (29 億 2000 万ドル) の資産を持つ専門のファンド管理会社です。

READ  日本が利益確定するとアジア株は下落。 アリババが香港ハイテクラリーを加速(Investing.com経由)