9月 19, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本で初めて、Govit-19人の患者が自宅で10万人の治療を受けました

保健省によると、COVID-19の在宅を勧められた日本の人の数は、水曜日の時点で118,035人に増え、初めて10万人を超えた。

同省は金曜日に発表したところによると、7月28日には合計が6倍の18,927に増加した。

しかし、状況に近い筋によると、さいたま県の人の数はエラーのために最新のカウントに含まれていなかったため、自宅で隔離された実際の人の数は多かった。

調査によると、全国でウイルスに感染した人の総数は192,673人で、そのうち24,247人が現在入院しており、19,937人が避難所で治療を受けています。

合計2,802人が入院を待っていた。

埼玉県を除いて、東京は自宅で隔離された人の数が最も多く、25,045人、金川、15,203人、大阪、14,732人、千葉、10,560人でした。

在宅のGovt-19患者が増えるにつれ、病床不足で入院できなくなり、病状が急速に悪化して死亡した。

一方、全国の重症COVID-19患者数は前日から26人に増加し、15日連続の金曜日には2,000人に増加したと保健省は述べた。

総数は、この春に初めて2,000に達し、エピデミックの第4波のピーク時の1,413から増加しました。

金曜日に、日本は24,200の新しい症例を確認しましたが、ウイルスによる死者数は57に増加しました。

誤った情報と過剰な情報の両方がある時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読

フォトギャラリー(クリックして読む)

READ  この日本のバースナックはまた、優れたキャンプの食事になりますமுறைレシピ