3月 3, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本でビッグ:新長距離アイアンマンジャパン南北海道

アイアンマンは、2024年9月15日のカレンダーにアイアンマンジャパン南北海道トライアスロンを追加する、日本向けの新しいイベントを発表した。

アイアンマンジャパン南北海道レースは、2015年以来日本初のアイアンマンフルディスタンストライアスロン大会となり、選手たちは新たな目的地のレースのために北海道に戻ります。

アイアンマンジャパン南北海道イベントは、日本の北島の南海岸に位置する北杜市と木古内市の2つの開催都市の間で開催されます。 新しいイベントは2024年9月15日日曜日に設定されており、登録は2023年12月19日火曜日午前9時に東京時間で開始されます。

本州から北海道南部へは、青森と大間から函館港までの須軽海峡フェリーでアクセスできます。 函館空港は東京や日本の他の多くの都市から飛行機ですぐの距離にあり、イベント目的地へは東京駅から電車で 4 時間以内にアクセスできます。

  • 選手たちは、北海道と本州の間にある海峡を渡る3.8kmの泳ぎから、函館湾で一日をスタートします。
  • 3 周回 180 km の自転車区間では、アスリートは函館江差自動車道に沿って進み、海岸の景色を眺めながら南西の木古根方面に向かいます。
  • アイアンマンジャパン南北海道レースは、木古内市役所までの美しい木古内の田園地帯を通る平坦な道を走る42.2kmを走ります。

アイアンマンが追加しました… 「選手たちはゴールラインを越えると、温泉でリラックスしたり、道南産の最高の魚介類やステーキなど、地元のおもてなしを楽しむ機会が得られます。」

アイアンマンジャパン南北海道大会レースディレクターの綱島功一氏は、「どこを曲がっても素晴らしい景色が広がる、ハイウェイバイク専用コースで比類のない旅を始めましょう。

「レース後は、競技のスリルと静かな快適さが融合した趣のある港町のホテルでリラックスしてください。アイアンマン ジャパン南北海道トライアスロンは、挑戦、美しさ、リラクゼーションの完璧な調和を約束します。忘れられない環境で、レースに来て、リラックスしてください。ストローク、ペダルを踏んで歩くことは、非日常的な体験への一歩です。」

アイアンマングループアジアマネージングディレクターのジェフ・エドワーズ氏は、「2024年のアイアンマンジャパン南北海道レースのために北日本に戻ってくることができてうれしく思います。

「日本のレースはアイアンマンレースの歴史において重要な役割を果たしてきており、2015年以来初めてスイム3.8km、ライド180km、ラン42.2kmにアスリートをお迎えすることを楽しみにしています。

「日本の選手たちは信じられないほど忠実で、私たちのイベントに参加するために世界中を旅しています。彼らが再び故郷でレースをすることができるのは素晴らしいことです。」とエドワーズは続けた。

「アイアンマン・ジャパン南北海道のレース都市である北斗市と木古内市は、このイベントの素晴らしい開催地となり、選手、その家族、サポーターにはレース前後に多くの特典が提供されます。」

www.アイアンマン.com

READ  中国も日本と同じように停滞へ向かうのか? マッコーリー氏は最悪の事態は去ったと語る