5月 28, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本でパンの袋からネズミの体の一部が発見され、パンの袋が回収された

日本でパンの袋からネズミの体の一部が発見され、パンの袋が回収された

同社は「ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます」としている。 (表現)

東京:

日本のスライスパン10万個以上のパックのうち2個の中にクマネズミの体の一部が発見され、リコールされたとメーカーが水曜日に発表した。

衛生基準が高いことで知られる日本では食品リコールはまれで、バスコ敷島社はげっ歯類の糞がどのようにして製品に混入したかを調査中であると述べた。

同社は、長い間日本の朝食の食卓に欠かせない加工パンである「昇熟」を加工したパンを食べて体調を崩した人はまだ把握していないと述べた。

東京から青森県北部まで日本本土全域で約10万4000袋のパンがリコールされた。

同社は火曜日の声明で「顧客やクライアントに多大なご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます」と述べた。

水曜日遅く、パスコー氏はクマネズミの一部が2つのパッケージを汚染していたことを確認した。

パスコー氏によると、これらは東京の工場のパン製造業者によって製造されたもので、その組立ラインは調査が行われるまで停止されているという。

「品質管理体制を強化し、再発防止に努める」としている。

日本では清潔さと衛生が重視されていますが、食中毒やリコールが時々ニュースになることがあります。

コンビニチェーンのセブンイレブンは昨年、おにぎりにゴキブリが混入していた問題で謝罪とリコールを発表した。

日本における最新の健康不安スキャンダルは、コレステロール低下栄養補助食品のメーカーである小林製薬によるリコールを引き起こした。

同社は先月、紅麹(「ベニゴジ」)を含む製品に関連した死亡例5件を調査していると発表した。

(見出しを除いて、この記事は NDTV スタッフによって編集されておらず、シンジケート フィードから公開されました。)

READ  アリスター・ジョンストンはついに日本への旅行を実現し、ケルトとの組み合わせを計画している