10月 4, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本でテストされた「世界初」の自律コンテナ船

日本の海運会社である商船三井(MOL)は、世界初の無人自律コンテナ船の海上公試を実施したと主張している。

トライアルは、2015年に建造されたフィーダーコンテナ船M / V Mikageを使用して行われ、1月24日から25日までImotoLinesが運航しました。 船は、日本の福井県敦賀港を出発し、鳥取県境港に数百マイルの距離で到着しました。

この航海では、三井E&S造船の自律型船舶運航管理システムを利用し、船舶の位置、風、潮流、潮流などの外部要素、船舶の取り扱い要素、航行規則などのさまざまな要素を考慮しました。

設定ルート上の他の船舶や障害物に関する情報は、レーダー、AIS、カメラを使用して、位置、速度、近くの船の種類、障害物/破片の位置を測定および表示する、古野電気が開発した自律周辺情報統合システムによって収集されました画像。

また、LiDAR /カメラ/衛星コンパスで収集した情報から、桟橋と船体間の正確な相対距離と相対角度を計算して視覚的に表示する装置を搭載した、古野電気が開発した停泊・離岸支援センサーを用いて自律停泊・離岸を行いました。

ドローンは、ヒービングラインを桟橋に渡すために使用されます。 写真:MOL

「自動係留」は、プロジェクトのもう1つの要素でした。 海上公試の間、乗組員によって投げられるのではなく、ドローンが実際に埠頭にヒービングラインを運ぶために使用されました。

この試験は、今月初めにも日本財団が主導した無人船プロジェクトMEGURI2040の一環として実施されました。 自動運転カーフェリーの運航をテスト

MOL、Imoto Lines、Furuno-Electric、およびMitsui E&S Shipbuildingに加えて、プロジェクトの他のパートナーには、ALI Technologies、MOL Ferry Co、およびMOL Marine&EngineeringCoが含まれます。

苫小牧から大洗までのルートで、来月、沿岸カーフェリー「ひまわりしれとこ」を使った自律デモが予定されています。

READ  古田真奈は、日本の女子ラグビーに焦点を当てることに熱心です