2月 2, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本では賃金も問題

先週、私は物価上昇率が最近鈍化している一方で、本当の問題は賃金上昇率であることを指摘しました。 名目賃金インフレ率の変動は、景気循環の主な原因です。 名目賃金の均衡水準がゆっくりとした着実なペースで成長している限り、残価インフレ(またはデフレ)は不安定になります。 実際には、残価のインフレまたはデフレが発生します。 非常に適しています、経済のバランスを保つのに役立ちます。 (一定のインフレが理想的でない理由をより深く理解したい人には、ジョージ・セルキンスに会うことをお勧めします。 未満 Zerおー.)

これは ブルームバーグの記事 同じことを言っています:

来週、日本銀行は、世界の他の主要中央銀行とは一線を画すマイナス金利を維持すると広く予想されています。

火曜日に下される決定で、黒田東彦総裁は、持続的なインフレを維持するために金融刺激策を継続しなければならないという一貫性のない立場を繰り返します。 . . .

日本のインフレ率は 40 年ぶりの高水準にありますが、米国やヨーロッパよりは低くなっています。 金曜日に予定されているデータは、コアインフレ率が 4% に上昇することを示していると予想されますが、黒田氏は物価トレンドを強化するために賃金上昇の兆候を待っている、と彼は言います。

日本では、本当の問題は賃金です。 しかし、米国の名目インフレ率が高いのに対し、日本の賃金インフレ率は非常に低いです。 日本の現在のインフレ率は約 4% ですが (商品価格のショックと円安により)、名目賃金も上昇し始めない限り、インフレ率はすぐに日銀の目標である 2% を下回るでしょう。 日銀がこの問題を理解しているのは良いことです。 2000 年と 2006 年の両方で、彼らはデフレから逃れる前に不適切に金融政策を引き締め、日本をさらに深い流動性の罠に陥らせました。

[Most Western economists don’t seem to know about these earlier contractionary moves by the BOJ, as they frequently claim that Japan was trying and failing to achieve inflation, a claim that is almost laughably wrong.  The BOJ was not trying to create inflation during the early 2000s; they were trying to prevent inflation.]

READ  日本のプロレス界のレジェンド、アントニオ猪木が79歳で死去:報道