2月 29, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本では福島洋上風力発電所が再建された

日本では福島洋上風力発電所が再建された

GEバーノバは、2011年の福島原発事故の影響を受けた地域の産業支援の一環として、日本で開発中の洋上風力発電所にタービンを供給すると発表した。

GEバーノバの陸上風力事業は1月31日、90MWの阿武隈南風力発電所の電力供給に阿武隈南風力発電LLCの3.2-103タービンを選択したと発表した。これはこれまでで国内最大級の洋上風力プロジェクトの一つとなる。 福島県いわき市と広野町で建設が進められている。

阿武隈南風力発電は、プロジェクトの主契約者である関電工とGE製タービン28基の供給契約を締結したと発表した。 阿武隈グループは、設置に関して GE Vernova と長期のフルサービス契約を締結しました。

GEベルノバは水曜日、同社の3.2-103洋上風力発電所は「環境への影響を最小限に抑え、異常気象や日本独特の風力環境に対処するように最適化されている」と述べた。

3MWタービン

GE バーノバの陸上風力事業担当最高商務責任者であるスティーブ・スウィフト氏は次のように述べています。「当社の 3MW 級タービンラインに対するコスモエコパワーの自信に感謝しており、風力を通じて政府の再生可能エネルギー目標を前進させる継続的な機会を高く評価しています。 このようなプロジェクトは、GE Vernova がお客様と協力して、世界の電化と同時に脱炭素化にどのように取り組んでいるかを示しています。

GE Vernova は、福島県の新しい洋上風力発電所に 3.2-103 モデルの風力タービンを供給します。 出典: GE バーノバ

このプロジェクトは、風力エネルギーのみに焦点を当てた初の日本拠点のグループであるコスモエコパワーによって推進されます。 あぶくまは、GE Vernovaと日本のコスモエコパワーとの2番目のプロジェクトです。 コスモは、日本企業の根本通商、マルト、東北電力とともに、阿武隈南風力発電とのパートナー契約を通じてこのプロジェクトを支援している。

新しい風力発電所は、2040年までに県のエネルギーの100%を再生可能資源で供給するという2021年に設定された福島県の目標を支援する戦略の一環である。

GEに電子メールで送られた声明の中で 「日本はGEバーノバ社の洋上風力発電事業にとって重要な国です。当社の技術は、環境擾乱を軽減し、異常気象に対処し、日本独自の風力環境を活用する能力など、日本市場のニーズを満たすのに非常に適しています。」このような製品を提供することで、当社の製品は日本の再生可能エネルギー目標の達成に貢献します。」当社のお客様は肯定的な反応を示しています。

再生可能エネルギー目標

阿武隈プロジェクトは、2030年までに国内の電力構成における再生可能エネルギーのレベルを少なくとも38%まで高めるという日本政府の計画の一環である。 日本には約5GWの風力発電が設置されており、そのほとんどが洋上に設置されており、いくつかの大規模プロジェクトが認可および計画段階にあり、陸上および洋上風力発電の大幅な増加を計画している。 日本風力発電協会は昨年、2050年までに少なくとも140ギガワットの風力発電設備を導入したいと発表した。

“これ [Abukuma] 2011年の東日本大震災後、新たな産業基盤の創出を目的とした国の復興計画の重点分野の一つとして再生可能エネルギーの導入が計画されました。 橋川小百合氏は、コスモエコパワーの事業開発部長兼常務役員です。 「このプロジェクトの実施にあたり、私たちは建設、運営、保守において地元企業と協力することで、地域社会およびGE Vernovaを含む主要な関係者と共存し、繁栄することを目指しています。」

ダレル・プロクター 『POWER』上級副編集長 (@パワーマガジン)

READ  日本と中国の指導者がウクライナ戦争で対立する首都に向かう