2月 2, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本では寒さが冬物商品の売り上げを押し上げる

経済


東京、12月23日(GGプレス)-日本は最近厳しい寒さに見舞われているため、季節の商品が棚から飛んでいます。

この冬、消費者の注目を集めているのは、省エネ意識による電気料金の高騰を背景に、暖房器具や石油ストーブです。

東京都渋谷区にある日用品小売業者ロフトの旗艦店は、足首のツボを刺激して体を温めるという同社によると、靴下「まるてこたつ」がすでに売り切れている。 ロフトのホームテキスタイル「もふあきるもふ」は、前年を上回りました。

これらの商品は「電気料金値上げのニュースがあるたびによく売れている」とロフトの関係者は語った。

大手家電量販店のビックカメラ。 では、12 月までの 18 日間で、灯油ヒーターの売り上げが前年同期比で 40% 増加しました。 ビッグカメラの関係者によると、足を温めるために設計された省エネルギーの小型電気ヒーターの販売も30%近く伸びているという。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

GGプレス

READ  日本は米国を含む106カ国でCOVID禁止を解除