12月 4, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本では何百万もの未使用の布製マスクが保管されています

安倍晋三前首相の下でコロナウイルス対策として作られた数万の人気のない布製マスクは未使用のままであり、数億円(数百万ドル)の費用で私用保管庫に保管されていると当局者は認めた。 水曜日。

「アベノマスク」と呼ばれる約8,300万枚の布製マスクが保管されており、昨年のサージカルマスクの深刻な不足の間に政府が購入した2億8,000万枚の約3分の1に相当します。 政府は各世帯に2つずつ配布することを計画していた。

実際にマスクを使った人もいます。 安倍は鼻と口を覆わなかったモデルでした。 人々は、最も効果的で便利なサージカルマスクが再入荷したとき、小さすぎて手遅れになったと不満を漏らしました。

磯崎仁彦副内閣官房長官は記者会見で、残りの在庫は現在115億円(9700万ドル)で、今年8月から3月までの節約額は6億円(530万ドル)だったと語った。

磯崎氏によると、約1億3000万世帯に配布されているが、要望に応じてナーシングホームや保育施設が整備されており、予備も多いという。

サージカルマスクが不足したとき、彼はマスクキャンペーンが「その時適切であった」と強調しました。 彼は、政府が「必要に応じて」残りのマスクを使用することを検討すると述べた。

マスクキャンペーンも品質問題のため中止されました。 中には、パッケージに汚れ、小さなバグ、その他の汚染物質が付いているものもありました。

READ  Govt-19トラッカー:日本では、3日連続で深刻な症例が報告されているため、18,000件近くの感染が見られます