8月 17, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本ではありません。 2通信事業者の停止によりサービスが中断される

日本の第2の携帯電話会社KDTICorp.の多くのユーザーが月曜日に電話をかけるのに苦労し、週末にかけて4,000万人近くの人々に影響を与え、全国の配達、天気予報、その他のサービスを中断させました。

同社によれば、データ送信は月曜日の朝までにほぼ復旧したが、サービスの制限により、電話をかけたりテキストメッセージを送信したりする多くのユーザーに問題が発生している。

停止は、東京西部の施設で予定されているメンテナンス中に土曜日の早朝に始まりました。

KDTIのモバイルサービスの3900万人以上のユーザーに対して、テキストメッセージング、電話、その他のサービスを無効にしました。 小包の配達も影響を受けました。

週末の間、気象センターは数百のステーションで気象データを送信できず、中央日本では数十台の現金自動預け払い機が使用できなくなり、東京や他の自治体は家庭の健康状態を監視しながらCOVID-19患者に到達するのに苦労しました。

大規模な停電は7月10日の議会選挙の直前に起こり、世界第3位の経済のデジタル化を推進している岸田文雄首相の政府にとって恥ずべきことと見なされていた。

政府はこの問題に対する国民の懸念を加速させた。

木原誠二副首相は、「社会・経済活動の重要なインフラである携帯電話が長く使われていなかったことは非常に残念だ」と述べた。

彼は、政府が状況を「真剣に」受け止めていると述べ、KDDIに完全な説明をするよう促した。 木原氏は、KDDIがユーザーからの潜在的な損害賠償請求の補償を「誠実に」検討することを期待していると述べた。

日曜日、KDDIの高橋信社長は謝罪し、何が起こったのか、そして中断されたサービスを再開する見通しについて最初に説明した。

金子恭内通信相は日曜日、「これは重大な事件だと考えている」と述べた。 停電は、COVID-19や熱射病、ハリケーンの接近による潜在的な緊急事態に人々が対処していたときに緊急通報を妨害したため、特に不幸でした。

昨年のライバルのNTTドコモの停止は約1300万人に影響を及ぼしました。

READ  日本の11月の小売売上高は増加するが、オミクロンはリスクを失う