7月 3, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本がSailGPでハイブリッドボートを使用する| セレクタ

国技、国技ニュース

日本は、シドニーラウンドの2日目に、英国との大規模な衝突でF50幹部が深刻な被害を受けた後、シルビアの最初のハイブリッドボートを使用します。 衝突は金曜日の初日の3回目と最後の海軍レースの開始時に発生し、日本のF50の正面右側を切断しました。 2012年オーストラリアオリンピック49erの金メダリストであるネイサンアウターリッジを動力源とする日本は、独自のホイルとGBボートの底を使用しています。 シドニーイベントの2日目からGBが出たため、過去2回のフリートレースに出場するのは7チームのみで、土曜日の午後4時(AEDT)に競技が再開されます。 2日間で5回のフリートレースを終えてポイントが最も多い3人の男子が土曜日の決勝に進出します。 スペイン(21)は初日の3レースで1位になり、オーストラリアとアメリカ(両方とも16)、デンマーク14、日本10、ニュージーランド(9)、イギリス(6)、ニュージーランド(5)がそれに続きます。 。 英国のスコアには、金曜日に日本と衝突した6ポイントのペナルティも含まれています。 彼らは、来年3月にサンフランシスコで開催される100万ドル(140万豪ドル)のグランドファイナルでトップ3に到達するというシーズンのチャンスから2ポイントを奪いました。 オーストラリアは、米国と日本(両方とも44)、GB(38)、ニュージーランド(36)、スペイン(35)、デンマーク(33)などに先駆けて、シドニー(44ポイント)で7回目の最終ラウンドに入りました。 フランス(32)。 オーストラリアンアソシエイテッドプレス

/images/transform/v1/crop/frm/silverstone-feed-data/f7664d95-935c-45d2-bc7d-3d91987523cc.jpg/r0_74_800_526_w1200_h678_fmax。

READ  日本の近視に対するストレスのない教育システムの効果