12月 4, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本が2022年アジア水球選手権で優勝。 中国&カザフスタンからワールドへ

2022年アジア水球選手権 – 男子

  • 2022 年 11 月 7 日~14 日
  • アサンプション大学アクアティック センター、サムットプラカーン、タイ
  • 全試合リプレイ

2016年以来初めて、2022年のアジア水泳連盟が単独の大会として指定されました。 このイベントは歴史的に 一時的 アジア競技大会またはその他のマルチスポーツ選手権が、今後のオリンピック競技大会または世界選手権大会のチームを選択するために利用できない場合。

2022年のイベントは、大陸が世界選手権への出場権を獲得するチャンスです。 大会の上位2名と、世界選手権の開催国である日本は、自動的に世界に進出しなければなりませんでした。

先週のタイでのトーナメントで、日本は中国を破って金メダルを獲得した。 日本が世界選手権の開催国となったこともあり、3位のカザフスタンに進出のチャンスを与えた。

日本とカザフスタンも 2012 年の世界選手権でアジアを代表し、それぞれ 9 位と 14 位でフィニッシュしました。

昨年の世界選手権の上位 4 位と昨年のワールド リーグの上位 2 位にアジアのチームが入っていないため、来年の夏に福岡で開催される 16 チームのフィールドでアジアを代表するのはこの 3 チームだけです。

参加する 10 か国は、男子、女子を問わず、アジア選手権の最大のフィールドを構成します。

結果

最初のラウンド

グループA

グループB

ノックアウトラウンド

最終順位

  1. 日本
  2. 中国
  3. カザフスタン
  4. イラン
  5. 韓国
  6. シンガポール
  7. タイ
  8. 香港
  9. インド
  10. クウェート

READ  日本の揺るぎない怠惰の興亡