12月 4, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本が高齢者の雇用と活動を維持する方法| アジア| 大陸全体のニュースの詳細ビュー| DW

ガザ・アツコさん(68)は、減速するつもりはないと言う。 彼は日本の横浜市にある自宅近くの「シルバージンザイセンター」でできる限り働き続けるつもりです。

彼女は若すぎて引退できず、からかっていて、他の人を助けたいと思っています。

化粧品会社の経理部で働いていたガザは、ガーデニング、友達との付き合い、孫の世話など、伝統的な引退の趣味をあきらめたいという日本人の高齢者の力の1つでした。 代わりに、彼らは職場に戻ります。

一部の人にとっては、シルバージンザイシステムを通じて得た追加収入は間違いなく考慮事項ですが、ほとんどの人にとってお金は動機ではありません。 1975年に東京で設立された全国的な組織に加入している70万人の年金受給者の大多数にとって、最も重要なことは忙しくして地域社会に戻ることです。

ガザ(68歳)は横浜の障害者支援グループで働いています。

他の人を助ける

「年をとるにつれて、自分の世界が小さくなっていることに気づきました」とガザはDWに語った。 「有意義な人生を送るために、他の人を助けるキャリアを始めることにしました。特別な才能はありませんが、常に思いやりのある心で働きます。」

ガザは横浜で障害者支援団体に取り組んでいます。 彼女は「今まで経験したことのない世界で働くという挑戦を受け入れたい」と語り、障がい者専用施設のカフェで食事の準備を手伝っています。

「私はこの仕事が大好きです」と彼は付け加えました。 「人は正直で、明るく、親切です。実は、私は彼らが大好きです。また、彼らの自由を支える従業員と一緒に働くことは、私の人生を豊かにしてくれて、感謝しています。」

横浜シルバージンザイセンターには約1万人が登録しており、近年その数は増え続けていると岡田隆夫氏は語った。 オフィスブックの最大の人は100人です。

「健康でやる気のある人が増えています」と岡田氏。 「私たちのメンバーが働きたい理由はたくさんあります。もちろん経済的な理由もありますが、健康を維持したい人もいれば、コミュニティに貢献したり、経験や才能を生かしたい人もいます。」

就職の機会

シルバージンザイの労働者は通常、週に最大20時間働き、通常はスーパーマーケットで2〜3日にわたって働き、掃除人や庭師、受付係や大工、育児助手や高齢者の維持を助けます。

他の人は、コンピュータ支援設計を使用したり、街の通りでゴミを拾うのを手伝ったりします。 外国語のスキルを持った人は特に需要があると彼は言った。

仕事によって料金は国によって異なりますが、家事手伝いは通常、シルバージンザイの労働者に1時間あたり870円(6.70ユーロ、7.80ドル)、窓拭き910円、北部地域の雪の園芸1時間あたり1,040円を稼ぎます。撤去の大変な作業は1時間あたり1,855円の価値があります。

このプログラムは、追加の収入を提供し、国の高齢化人口を占めることにより、日本で最悪の赤字を緩和するのに役立っています。

日本は深刻な人手不足に直面しています

国の職員が年をとるにつれて、出生率は低下し、より良い薬のおかげでより多くの人々が老後を生きます。

現在、日本人の4人に1人は65歳以上であり、今後15年間で3分の1増加すると予測されています。これは、日本の人口の2倍、フランスの4倍です。

政府は今年4月に強制定年を65歳から70歳に引き上げることでこの傾向を逆転させる措置を導入したが、2030年までに644万人の労働者が不足する可能性があるとアナリストは言う。

専門家は、シルバージンザイネットワークは現在の労働力不足を克服するのに役立つが、特により良い賃金の選択肢がある場合、将来の不足を補うのに十分ではないと警告している。

ドーハ大学研究センター教授の吉田博氏は、次のように述べています。

「しかし、今日の高齢者ははるかに健康でエネルギッシュであり、彼らは自分たちを「銀色」または非常に古いとは考えていませんでした」と彼は言いました。 「これらの人々はチームで働きたいと思っていますが、より良い給料も望んでいるので、シルバージンジョイ組織の外で仕事を探しています。」

READ  東京の高級スターバックスバタースコッチロッジをしばらくお楽しみください