7月 21, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本が超小型EVの運転席に人影を映した動画を公開

日本が超小型EVの運転席に人影を映した動画を公開

世界が自動運転車の道路普及に躍起になる中、日本の研究者チームは車を運転する人型ロボットの開発に取り組んでおり、これらのロボットのうちの1つが超小型EVを運転するビデオを共有した。

それは聞いた通りです – 東京大学の研究者は、ムサシという名の「筋肉質の人型生物」に車の運転方法を「教えました」。

もちろん、テストはテストコース上の安全な環境で行われたが、人型ロボットは公道を走る準備ができているという。

こちらもお読みください: テスラ、工場での作業に 2 台のオプティマス ロボットを使用

人型ロボットが日本でEVを運転

ムサシさんは自動車学校に通う前に特別な運転のレッスンを受け、ハンドルの扱い方やブレーキをいつ踏むべきかを知っています。

しかし、それは運転中に絶対に必要なことではありません。

幸いなことに、車を運転する際には周囲の状況も認識しており、「賢い」決定を下すことができます。

これは驚くべきことではありません。

それはなぜですか?

さて、飛行機全体を飛行できる人型ロボットをすでに見てきました。

東京大学の研究者らは、ロボットの柔軟性、複数のセンサー、効率的なデータ処理により、車の運転に最適だと付け加えた。

彼らは実験と発見の詳細を論文で発表しました

映像では、武蔵が超小型EVを運転する様子とその思考プロセスがリアルタイムで映し出されている。

ご興味がございましたら、以下の約 4 分間の映像をご覧ください。

日本で車を運転できることが分かったが、それはまだうまく運転できるという意味ではない。

ムサシはその能力をテストし、旋回時にブレーキペダルから機械の足をかろうじて離しました。

まだ完璧ではなく、研究者の調査結果によると、ロボットがそのターンを完了するのに 2 分かかったそうです。

自動運転車はどこへ向かうのでしょうか?

自動運転車、自動運転車、または人型ロボットが運転する車も同様の目的を果たします。つまり、別の人間が運転していない車に人間を乗せることです。

無人自動車の理想的な世界を実現するという点に到達するための競争は続いていますが、そこには程遠いです。

Waymo のような自動運転タクシーもありますが、交通違反が法外に多い場合に自動運転の Uber を利用したい場合は、しばらく待たなければなりません。

また、テスラの FSD は、人間のドライバーの負担の一部を軽減することで、同様の目標を達成しようとしています。

人型ロボットが車をシームレスに運転できるようになるまでにはしばらく時間がかかりますが、私たちはそこに近づいています。

いずれにせよ、このようなロボットが次の目玉になりそうだ。

私たちはすでに、速度記録や無制限の機動性を備えたヒューマノイドを持っています。

READ  日本、4か月連続経常黒字も貿易格差拡大