6月 14, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本が英国からの調理済み鶏肉への扉を開く

日本が英国からの調理済み鶏肉への扉を開く

英国の農家、食肉加工業者、輸出業者に利益をもたらす新たな市場アクセス協定のおかげで、英国の調理済み鶏肉製品が間もなく日本の食卓に届く可能性がある。 業界は、この市場は今後 5 年間で 1,000 万ポンド以上の価値があると推定しています。

2021年に生鮮および調理済み鶏肉の市場アクセス協定が確保されて以来、英国の家禽肉は日本に輸出されてきたが、英国での鳥インフルエンザの発生により貿易が制限されている。

新しい協定により、調理済み鶏肉のよりスムーズな取引が可能となり、日本への付加価値の高い輸出が可能になります。 英国最大の鶏肉生産会社の 1 つであるモイ パークは、リンカンシャー州グランサムにある自社施設の 1 つからの契約に基づいて、日本への調理済み鶏肉の輸出を正式に登録した最初の企業です。

日本は、厳格な食品安全と輸入管理体制、そして高品質で多様な肉の味で国際的に有名です。

交渉は、英国家禽評議会(BBC)、サウスケステベン地区評議会、食品基準庁(FSA)の支援を受けて、東京の英国大使館を拠点とするデフラとその農業駐在官らによって実施された。

マーク・スペンサー食料・農業大臣は、「英国の家禽肉は世界最高のものとして知られており、新たな高価値製品が日本でも楽しめるようになったことをうれしく思う」と語った。

「このような貿易の機会を確保し、英国の農家のために旗を掲げるために懸命に取り組んでいる私たちの農産物と食品のリンクネットワークに敬意を表したいと思います。」

ナイジェル・ハドルストン国際貿易大臣は、「これは英国の養鶏農家と生産者にとって大きな勝利であり、彼らは最高品質の農産物をこの広大で儲かる市場に輸出できるようになる」と述べた。

「2030年までに毎年輸出額が1兆ポンドに達する中、世界中で貿易障壁を開放することは英国企業の機会を増やし、輸出を拡大し、経済成長を促進し、新たな雇用を創出する鍵となります。」

READ  トゥアサシェック、オールブラックスの日本戦先発に「興奮」