9月 19, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本が夏季オリンピックを進めるにつれ、ホームレスの人々は彼らの場所から追い出されました

山田修氏は、2021年6月18日、東京都の新国立競技場近くの芝生から持ち物を取り除くよう、東京都から警告を受けた。 (毎日/木本晴美

オリンピックは「平和の祭典」と言えますが、東京の国立競技場近くの屋外エリアを少なくとも3回は離れることを余儀なくされ、静かにはほど遠いものでした。 2020年の大会は終わりましたが、彼のかつての「家」は柵に囲まれています。 そのような問題を経験しているのは彼だけではありません。 平和の祭典の名の下に、多くの人々は非人道的な行動をとっただけです。

東京大会開始の約1ヶ月前の6月18日、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会と東京都の4人の従業員が国立競技場近くの芝生に現れた。 そこに長く住んでいた山田修さん(64)は、当局と会ったとき、支持者たちに囲まれていた。

国立競技場の近くに長年住んでいる山田修は、2021年8月9日に見られました。 (ミニチ/木本晴美)

組織委員会の職員は「ここに柵を設置する」と述べ、東京都役山田に「警告」を発した。 論文では、「この物件(所持品)は道路管理に支障をきたすため、早急に撤去してください」とのこと。

東京で生まれた山田は、父親が1964年の東京オリンピックの陸上競技を見るために彼を旧国立競技場に連れて行ったことを思い出します。 「座席数が数えられたので、なぜ特定の座席に座らざるを得なかったのか疑問に思いました」と彼は冗談を言った。 その後、「首都の美化」という名目でホームレスに対して行動が起こされた。 57年後、山田は自分が追放されるとは想像もしていなかった。

高校卒業後、安い寮に住みながら、寄宿舎や日中の工事に伴う工事を行いました。 しかし、経済と雇用は1990年代初頭に衰退し始めました。 安いホテルを一つずつホテルにリニューアルしました。 部屋を買うことができず、山田は通りで発見されました。

1996年1月21日に撮影されたこの写真は、新宿駅の西口ルートを埋め尽くしている、長い不況で失業した人と就職できなかった人を示しています。 (ミニチ)

現時点では、同様の状況で多くの人がいました。 「新宿の環状交差点周辺はとても混雑していて、急いで行かないと寝る場所が見つかりません」と山田さん。 「地下道はそこに住む人々が使っていた段ボール箱でいっぱいでした。」

東京都庁舎は1991年に新宿に移転しました。 次第にこの地域は厳重に監視され、90年代後半には山田は旧国立競技場の隣の首都圏舞城公園にいました。

山田明治公園で、信頼できる他のホームレスの人たちと出会い、いつの間にかそこに長く住んでいました。 アルミの買い手がやって来て、缶を集めることが彼の収入源になりました。

山田修は、午後5時と午前521時に見たアルミ缶を集めて暮らしています。 最近、彼は外で普通のアルコールの空の缶を拾います。 コロナウイルスは、バーが時期尚早に閉鎖されたため、危機の間人気がありました。 (ミニチ/木本晴美)

2020年夏季オリンピックの東京の落札はすべてを変えました。 2016年1月、東京都は新国立競技場の建設のため明治公園の一部を完全に閉鎖しました。 山田は彼の身近な場所に留まりたかったが、2016年4月に執行裁判所は彼と公園に住む他の何人かが彼らの場所を去るように命じた。 彼らは公園の別の場所に移動しましたが、日本オリンピック委員会(JOC)と日本スポーツ協会(JSPO)の建物が建設中であったため、約8か月後にその地域を離れなければなりませんでした。

山田は他に選択肢がなく、雑草でいっぱいの草が茂ったかつての地方道路の近くの草地に移動しました。 「それは良い場所で、ほとんど見えませんでした」と山田は言いました。 彼が集めたアルミ缶の大きな袋を残すのも最善です。 しかし、再び、山田は彼の場所を空けることを余儀なくされました。

新国立競技場の建設を統括する主要機関である日本スポーツ振興センター(JSC)は、山田氏に明治公園の退去を要求した。 公園に住む山田らとその支援団体は、被告人の生存権を侵害したとして、JSC、東京都、日本政府に対して民事損害賠償訴訟を起こした。

7月4日の東京都の締め切り前に、山田は身近な近所から遠く離れたくなかったので、最近の場所から少し離れた別の芝生のエリアに引っ越した。 見下ろして、彼は言った、「彼らは私に去るように言います、しかし彼らは代替の場所を提供しません。それはただの移動です。」

オリンピック後も、パラリンピックに備えて、新スタジアム近くの山田の旧家屋は柵で囲われていた。 「制限をもうすぐ終わらせたい」と山田は繰り返した。

オリンピックに至るまでの数日間、国立競技場周辺はホームレスの人々にとって範囲外でした。 東京の南、神川県の野球・ソフトボール競技場である横浜スタジアム周辺も街中の人々に囲まれていた。 しかし、2020年春、ホームレス支援団体との協議を開始した横浜市は、避難民のホームレスが滞在するための代替施設を用意した。 横浜政府は約700万円(約64,000ドル)の予算で、安い部屋に40台のベッドを借り、ペントボックスを含む軽食を提供した。 路上にとどまる人もいましたが、スタジアムの近くに住む約35人が提供するサービスを利用しました。

2021年8月3日、神奈川県の首都横浜市の横浜スタジアム周辺に設置されたネットに「立ち入り禁止」のボードが取り付けられました。 (ミニチ/木本晴美)

「ホームレスへの被害を最小限に抑える方法について話し合った」と、横浜のナーガ区に住む50歳の日雇い労働者でホームレスの支持者である高澤幸雄氏は語った。 「ホームレスの人々にとって、彼らの仕事、食べ物、そして個人的な関係はすべて彼らが住んでいる場所に依存します。場所を離れることは多くを失うことを意味します。彼らは場所が住みやすいという保証がある場合にのみ本当にそこに行くことができます。一方で、メダル一方、勝者はメダリストであり、懸命に努力したことでチャンピオンとして称賛されていますが、悲惨な状況にある人々は毎日懸命に働いています。

Minichi Simpunは、オリンピックのイベント会場周辺が包囲されたときに路上に住む人々が考慮されたかどうか、オリンピック運動のアジェンダ21に違反したかどうかなど、質問をするメールをオリンピック組織委員会に送信しました。 特に、コミュニティで最も脆弱な人々を検討すること。

組織委員会は、「試合の準備を進めるにあたり、イベント会場の近くに住む人々や犠牲者に個人的な説明をした」とまで言った。

前回のオリンピック開催都市では、ホームレスの人々を「追い出す」ことが問題になっています。 1996年のアトランタ夏季オリンピックでは、ホームレス研究擁護センター(ARCH)やその他の組織によると、市内中心部に住むホームレスの人々が移転し、路上に住む多くの人々が逮捕されました。

アトランタオリンピックの教訓を念頭に置いて、ニューサウスウェールズ州政府は2000年シドニー夏季オリンピックのホームレス人口プロトコルを開発しました。 ホームレスの人々も一般市民のメンバーであり、公共の場所にいる権利があると述べた。 同時に、街頭の人々を支援するプログラムが強化されました。 2012年のロンドンオリンピックに向けて、政府とホームレス支援組織は救援活動を改善するために連合を結成しました。

ARCHの創設者である北パダケタクヤさん(31)は、ホームレスの人々についてフリーランスの調査を行っていますが、東京政府とホームレスのオリンピック組織委員会は彼らのアプローチをどのように見ていますか?

2021年7月23日の東京オリンピックの開会式で花火が爆発する。 山田修の「家」は立ち入りが禁止されている立ち入り禁止区域にあります。 (ミニチ/木本晴美)

キタバデク氏は、2000年のオリンピックで日本がシドニー市長のように人道的であることを望んでいると述べ、ホームレス問題を自分の足で見ないふりをして、美しいオリンピッククラッカーを楽しむことはできないと述べた。 キダパデク氏は、「オリンピックは、すべての人の人権が尊重され、誰もが安全な生活を送ることができるイベントだと思います。今日の日本には、ホームレスだけでなく、コロナウイルスの危機的状況にある人々もいます。まともな生活を送ることができない人がいるときにイベントを実施することは許容されますか??」

統治機関の行動は一般市民に影響を与え、ホームレス人口のクールな見方を促進します。 「統治機関が支援の対象となる人の数を減らすと、ホームレスの人々は社会の限界に追いやられるだろう。国民がホームレスの人々を差別することを許さないと決心しない限り、統治機関も社会も変わらないだろう。 、」キタパデケは強調した。

(日本オリジナル木本晴美、東京シティプレス)

READ  高度だが汚名がある:日本はパラリンピックを受け入れることに消極的東京パラリンピック2020