2月 1, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本が世界最大の浮体式風力タービンを建設

日本の大阪大学は、土木会社の戸田建設と共同研究プロジェクトを開始し、世界最大の浮体式風力タービンを建設しました。

なので 日経アジアが報じた、目標は、15 MWを生成できる実験用風力タービンを構築することです。 このような高出力を達成するために、新しいタービンは、既存の風力タービンの 3 倍の約 200 メートルのブレードスパンを持つことが期待されています。

特に日本にとって、大規模な浮体式風力発電所の開発には多くの利点があります。 第 1 に、海中シールド タービンは、設置と保守に費用がかかります。 安全に停泊するには、比較的浅い海底が必要です。 これは主に、周囲を深海に囲まれた日本にとって問題です。 大型タービンの必要性が減り、地元の漁業に利益をもたらします。

まず、大阪大学大学院工学研究科に来年から共同研究コースを設置する。 10 人の風力タービン/海洋工学の研究者が所属し、プラットフォームの負荷をシミュレートし、必要なコンポーネントを大量生産する方法を理解するための最初の目標を提供します。 その後、グループは 2024 年までに 10 MW の実証用タービンを生産する予定です。 15 MW のタービン試験は 2025 年に開始されます。

このプロジェクトは、日本の風力エネルギー部門を大幅に改善する可能性を秘めています。 それを文脈に入れるために、戸田は現在、2メガワットを出力する日本初の商用浮体式洋上風力タービンを運転しています。 これらの新しいメガタービンの 1 つだけで、7 倍以上の出力が得られます。

READ  武豊が日本で開催されたワールドオールスタージョッキーシリーズで優勝