2月 3, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本がレイクプラシッドを制覇

しかし、韓国は大会 3 日目に初の金メダルを獲得し、キム ミンソンが女子スピード スケート 1000 m 決勝で優勝し、その過程で新しい大会記録を打ち立てました。

その直後、山田恭佐がスピードスケート オーバルで男子スピードスケート 1000 m のタイトルを獲得し、記念すべき日の日本初の金メダルを獲得しました。

ヴァン ホーベンベルク山では、エストニアのマリエル ブルズが女子スプリント フリー タイトルを獲得し、フィンランドのヴェルネリ ボイコネンが男子タイトルを獲得するなど、クロスカントリー スキーでヨーロッパ勢が優勢でした。

大学スポーツ

レイク プラシッドの黄金の土曜日

前日

その後、オリンピック センターとフィギュア スケートにすべての目が向けられ、日本は記憶に残る夜を楽しみました。

フィギュアスケート男子で山本壮太選手が金メダル、ワンツーで坪井達也選手が銀メダルを獲得しました。

その後、三原麻衣は同胞でフィギュアスケートの世界チャンピオンであり、オリンピックで2度のメダリストである坂本花織をかわして女子シングルスのタイトルを獲得した。 三原は総合スコア 221.18 で王冠を守りましたが、坂本はスコア 217.42 で銀メダルを獲得するためにエラー分散ディスプレイを行いました。

しかし、チーム日本はノルディックでダブル金メダルを獲得したので、まだ終わっていませんでした.

日曜日はアイスホッケーのグループステージが続き、英国にとって忘れられない日となった。男子チームはカザフスタンに15対1で敗れ、女子チームは21対0で敗れた。 アメリカ。

月曜日は、男子と女子のアルペン スキー、バイアスロン、フリースタイル スキー、スピード スケート、男子と女子の個人スキー ジャンプでメダルを獲得したエキサイティングな 1 日でした。

大学スポーツ

レイクプラシッドで日本がリード

昨日 14:38

大学スポーツ

レイクプラシッド 2023 FISU 世界大学競技大会

2023 年 1 月 13 日 11:35

READ  日本でテストされた「世界初」の自律コンテナ船