3月 3, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本がバーレーンを破ってアジアカップ準々決勝に進出し、三笘が復帰した

日本がバーレーンを破ってアジアカップ準々決勝に進出し、三笘が復帰した

ドーハ(AFP) – 水曜日にバーレーンに3-1で勝利した後、日本が後半の不振を乗り切り、イランかシリアとのアジアカップ準々決勝に臨む中、三笘薫が復帰した。

公開日: かわった:

1分

4度のチャンピオンは、利根律と久保建英がハーフタイムの両側でゴールを決め、ドーハでベスト16に進出する準備が整っているかに見えた。

しかし、ミスがちなゴールキーパー鈴木詩音のオウンゴールでバーレーンが試合を振り出しに戻すと、残り10分でアヤズ・ウデが日本のクッションを取り戻す。

上田にとっては今大会4点目となるゴールとなった。

日本はブライトンのウインガー三笘の加入で勢いづいた。三笘は後半途中から途中出場し、12月21日に足首を負傷して以来初の試合に出場した。

しかし、試合前の優勝候補でありながら、カタールでの4試合でまだ無失点を達成していない森安一監督のチームには疑問もある。

日本は10分にコーナーキックからウデが頭でゴールを決めそうになったが、これはバーレーンのゴールキーパー、イブラヒム・ルトバラが押し込んだだけだった。

バーレーンにも先制のチャンスがあったが、31分に日本が先制した。

右サイドバックの毎熊聖也が遠距離から放ったシュートはポストに直撃し、そのリバウンドを戸根が素早く反応して頭で合わせた。

日本はセルティックMF旗手諒が負傷で退き、5分後に交代を余儀なくされ、守田英正が投入された。

久保はVARゴールチェックの末、49分に日本のリードを2点に広げた。

レアル・ソシエダのフォワードはボックス内でボールがルーズになった際にオフサイドかと思われたが、最後のボールはバーレーンのディフェンダーからのものだった。

64分に鈴木がボールを自陣ネットに押し込んだとき、日本にとって散歩のように見えた状況は悪夢に変わった。

アジアカップでもミスを重ねた21歳は、パンチの判断を誤り、上田と絡み、ボールをファンブルしてラインを越えた。

ウデは72分に日本の緊張を和らげた。

68分に出場した三笘は終盤に何度かチャンスを迎えたが、得点には結びつかなかった。

READ  Mapletree Industrial、520億円の買収で日本のデータセンター市場に参入 | ニュース