5月 28, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本からオレンジジュースが消えつつある

日本からオレンジジュースが消えつつある

過去数か月間、日本の店舗で買い物をしたことがある方は、お気に入りのジュースがもう売られていないことに気づいたかもしれません。 あなたを欺くのはあなたの目ではありません。 円安と世界的なオレンジ不足を理由に、日本の多くのオレンジジュースブランドが生産を停止している。

時計仕掛けのように過ぎ去った

昨年12月、アサヒ飲料はサプライチェーン不足とコスト上昇を理由に、1.5リットルのオレンジジュースボトルの生産を中止すると発表した。 2023 年までに、Toll Orange 100% のファンは、お気に入りのカートンが静かに減少していることに気づいているかもしれません。 1年前、マックミルク・スノー・ブランドは、1,000ミリリットルと450ミリリットルのカートンの営業を中止することを明らかにした。 ただし、200ミリリットルの製品は引き続き入手可能です。

森永製菓は今年4月25日、ローソンなどコンビニで人気の「サンキスト100%オレンジ」について、原料在庫がなくなり次第生産を中止すると発表した。

円安と供給問題

オレンジジュースの急速な枯渇は多くの人にとってショックかもしれませんが、2021年から問題になっています。 世界最大の生産国の一つであるブラジルが凶作に見舞われたのはその時だった。 これは 2023 年まで続き、大雨と病気により年間収量が損なわれました。

農作物は被害を受け、世界中で価格が高騰しました。 3月の日本の貿易統計報告書でもこれが裏付けられ、輸入オレンジジュースの価格が上昇している。 69%増加 毎年。 現在、特に円安が進んでおり、世界的な価格上昇により、日本企業がこの種の製品に支払うことが困難になっています。 。

このニュースの潜在的なプラス面は、飲料会社が地元のサプライヤーに頼ることで地元調達が増加する可能性があることだ。 この方法で懸念されるのは、日本のサプライヤーが需要に追いつけるかどうかだ。

関連記事

READ  ケニー・オメガが元タッグチームのパートナーと日本で再会