12月 7, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本からイスタンブールへ新曲を奏でる

バルカンのミュージシャンが独自の音楽と楽器を世界に広めようとするとき、歴史の重荷が彼らに重くのしかかっています。

2015 年 11 月、東京で開催された Robert Soko の音楽に満ちたパーティーの日本の観客は、ボスニア人 DJ の足を叩くビートに盛り上がっていました。

ソコは、日本のパーティー クラウドに非常に精通しており、彼らはヨーロッパで彼のパーティーに参加したことがあり、とても活気があり、とても感謝していました。

彼らはバルカン音楽を愛していましたが、それが何であるかを知りませんでした。 「彼らは主にリズムに集中していて、クレイジーなことが好きでした」と Soko は言います。 「彼らはまた、私をポップスターの DJ アイドルのような奇妙な扱いをしていました。彼らのために CD にサインすることは、特別な瞬間でした。

すると突然、不可解なことが起こりました。 ヒトラーとムッソリーニ、ジャックブーツを履いたファシストたちがニュルンベルクの集会で一斉に行進している映像が DJ コンソールの壁に映し出され、群衆は徐々にダンスフロアへと向かっていった。

Choko はショックを受けましたが、正確にはショックではありませんでした。

「これ(写真)とバルカン音楽との関係は?」 チョコは自分自身に尋ねなければなりませんでした。 「これは、私たちヨーロッパ人や歴史全般に対する日本人の感じ方の違いを示すもう 1 つの例でした。」

「日本はクールでなければならない。今このオーディエンスを獲得しようとするなら、それは速くなければならない。なぜなら、今20代と20代後半のオーディエンスを失うことになるから、それを失うことになるだろう」 3 年、4 年、または 5 年で…” (Robert Soko 提供)

2005 年から 2012 年の間は、一般的にバルカン レイブのピークと見なされています。ヨーロッパ (およびある程度は米国) のクラブファンは、バルカン パーティーに群がり、アップビートでブラスを使用したクラブ トラックを再現しました。 エレクトロニカ、ベース、ブレイクビーツの重いおもちゃ。

ここ数年、ヨーロッパではこの傾向が薄れてきているため、興味深いことに、バルカン半島からの移民の歴史がない国である日本には、ある程度のマイレージが残っているようです。 ヨーロッパのバルカン政党の概念の中心であるロマ共同体は、完全に疎外されています。

ボスニア出身の DJ でベルリン在住の Robert Soko は、「バルカン ビートのゴッドファーザー」と呼ばれることもあります。 ソコは、ユーゴスラビアで戦争が勃発する直前に、ボスニア中央部の故郷ジェニカを離れ、1993年に、ベルリンの別のクロイツベルク地区にあるパンククラブで、バルカニストの緩い外国人グループに向けてユコノスタルジアパーティーをDJし始めました。

誰が最初に誰に影響を与えたのかをめぐって、今日に至るまで DJ とミュージシャンの派閥間で激しい争いが繰り広げられていますが、Soko のパーティーが共産主義後の東ヨーロッパのクラブ ナイトのすべてのスターに影響を与えたことは明らかです。 著者、ウラジミール・カミナーズ ルッセンディスコ バルカン半島のポップスター、シャンデルのベルリンでのパーティー ブコビナ クラブ フランクフルト・アム・マインでのイベント。

次第にソコは、エミール・クストゥリツァが制作したセルビア映画に気付き始めた. しかし、ソコがボスニアで育った音楽を再評価せざるを得なくなったのは、仲間のボスニア人ゴラン・ブレコヴィッチの音楽への彼の紹介でしたが、実際には注意を払っていませんでした。

「私はムハレム・セルベゾフスキーのような人々によるオリエンタル・ミュージックに親しんでいましたが、成長する過程であまり注意を払いませんでした」とソコは言います。 「この音楽の魔法を私に明らかにするのに、ブレゴビッチは必要だった。」

ソコは最終的に世界中を旅し、バルカン音楽を広めました バルカニザシヤ (バルカン化)および チカニサシヤ (ジプシフィケーション) ハリウッドからマナグア、アムステルダムからケープタウンまで、バルカンのエスノ サウンドとエレクトロニカの融合である「ファルコン ビーツ」として知られるクラブ トレンドに拍車をかけました。

Choco は Falcon Beats レーベルを商標登録することになりました。 最終的に、ソコは同じバルカン ビーツの DJ タカダ (パリ) と、1996 年から日本に住み、バルカン ビーツ 東京を設立した日仏のシリル コッピーニによって日本に招待されました。

2005 年から 2012 年の間は、一般的にバルカン レイブのピークと見なされています。ヨーロッパ (およびある程度は米国) のクラブファンは、バルカン パーティーに群がり、アップビートでブラスを使用したクラブ トラックを再現しました。 エレクトロニカ、ベース、ブレイクビーツの重いおもちゃ。

2005 年から 2012 年の間は、一般的にバルカン レイブのピークと見なされています。ヨーロッパ (およびある程度は米国) のクラブファンは、バルカン パーティーに群がり、アップビートでブラスを使用したクラブ トラックを再現しました。 エレクトロニカ、ベース、ブレイクビーツの重いおもちゃ。 (Robert Soko 提供)

「好きな人もいますが、日本人はバルカン半島を理解していません」とコッピーニは言います。 「彼らにとって、バルカンは別の遠い銀河だと思います。しばらくの間、クンビアに少し流行がありました。そうです、クンビアは南アメリカから来て、バルカンは東ヨーロッパから来ました。 ロックンロールはアメリカで生まれました。

興味深いことに、多くの日本の熱狂的な愛好家は、東京や大阪、その他の日本の主要都市で急成長しているアラブのベリーダンス シーンから来ています。

Our Man From Odessa (OMFO) という芸名で活動するウクライナのミュージシャン、German Popov は、西洋の文化的表現をまったく新しいレベルに引き上げる日本人です。

「西洋で見つけられるものはすべて、誇張された形でここ日本にあります。伝統的な東洋の楽器を習得した人を何人か知っています。 見るエンバク。 そしてベリーダンスはとても人気があり、多くの人がベリーダンスに関わっています。 何年も人気があります」とポポフは言います。

「私たちのパーティーにはたくさんのベリー ダンサーが来ます。」Balkan Beats Tokyo の設立を手伝った日本のバルカン DJ である Chikku Yutaka は言います。日本のバルカンパーティーに群がる。

「生徒たちはベリーダンスの学校に通っていました。 私自身、この夏、東京の大きな公園である代々木公園で開催されたベリーダンスフェスティバルに参加しました。 ベリーダンスとバルカン音楽の関係は? しっかりとしたつながりがあります。 しかし、日本ではこうしたものが好きな人は少数派で、情報もあまりありません。 それが彼らが私のパーティーに来る理由です。 彼らは興味を持っています。」

しかし興味深いことに、Soko はバルカン音楽に対する独自の解釈で日本の聴衆をどのように見ているかということです。

「DJ として、クラウドを見て、それを感じ、本のように読んでいます」と Soko は言います。 「日本語の本を読んで、 ​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​ ​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​ 彼らは少し「不謹慎」です「彼らは少しばかげています。つまり、彼らはみんな飛び回っていて、それはすべて良いことです。しかし、ヨーロッパの他の群衆に見られるような頻度ではありません。

日本のバルカン諸国の政党とヨーロッパの政党を区別するものの 1 つは、年齢の要因です。 ヨーロッパでは 20 代を中心に流行り始めましたが、次第に DJ (52 歳の Choco) や観客が集まるようになり、現在では 40 代、50 代の人々が Choco に参加することも珍しくなくなりました。 イベント。

しかし日本では、このミュージカルは明らかに若い観客を魅了しています。

「日本では、30代半ばから35歳になると、特に結婚して子供がいる場合はクラブに行きません」とコッピーニは言います。 「それはヨーロッパとの大きな大きな違いだと思います。つまり、ベルリンでRobertとDJをしに来たとき、確かに若い人たちがいたのを見ました。しかし、私たちのような人たちがいました。日本のクラブ。

「日本ではクールでなければならない。今このオーディエンスを獲得したいのなら、それは速くなければならない…今では20代、さらには20代後半のオーディエンスがいるので、彼らを失うだろう. 3 年、4 年、または 5 年で。

ソコは、ユーゴスラビアで戦争が勃発する直前に、ボスニア中央部の故郷ジェニカを離れ、1993年に、ベルリンの別のクロイツベルク地区にあるパンククラブで、バルカニストの緩い外国人グループに向けてユコノスタルジアパーティーをDJし始めました。

ソコは、ユーゴスラビアで戦争が勃発する直前に、ボスニア中央部の故郷ジェニカを離れ、1993年に、ベルリンの別のクロイツベルク地区にあるパンククラブで、バルカニストの緩い外国人グループに向けてユコノスタルジアパーティーをDJし始めました。 (Robert Soko 提供)

松田慎吾もその一人 見る 日本出身のミュージシャンである彼は、忙しくベルリンを旅し、市内のさまざまなアラブ、トルコ、バルカンのグループで演奏しています。

2017年3月よりベルリン在住。 見る 彼はここに来る前に日本で 8 年間過ごしました。 彼が取った 見る アラビア音楽に興味を持ち、友人の勧めで来日。

知らない人はA. 見る 台形の響板が薄い大きなツィターで、独特のメロドラマチックなサウンドで有名です。 トルコのクラシック音楽のアンサンブルでよく見られます。 日本人が取るのは珍しい。

その由来について、いろいろな話を聞いたことがあります 見るそして、ある伝説によると、それは中国と日本にまでさかのぼることができ、そこでは箏と呼ばれる同様のツィターのような楽器があり、この極東の情報源が信吾のこの楽器への関心に責任があると私は感じています. .

「それは違う」と松田は言う。 「 見る そのルーツは古代ペルシャにあります。 また、アラビア語のすべてに興味があり、民族楽器に魅了されたことから、アラビア語を選択するようになりました。 見る.”

松田のマスターへの探求 見る 彼はカイロ、チュニジア、ギリシャ、イスタンブールに行きました。これらの都市には 7 回訪れました。 イスタンブールにいる間、松田はコンサートに行き、セミナーやワークショップに参加しました。 彼は達人に会った 見る コクサル・バクティルのように。 最終的に、松田が仕事を見つけたいと思ったのはイスタンブールでしたが、ビザの問題でその夢は叶わず、就労ビザでベルリンに来ました。

最近、松田はベルリン、バルカン、オリエンタルのさまざまな音楽会場で演奏しているのをよく見かけます。

ある日、彼のショーの後に彼と話しているときに、松田にはシンゴ・アリ以外に別の名前があることに気づきました。 そこで彼に聞いてみました。 「ひょっとして、あなたはムスリムじゃないの?」 彼に聞いた。

「はい」と彼は言った。 「ほら、私はイスラム教を受け入れました。」

「マシャラ!」 私は言った。

出典:TRTワールド

READ  平和主義の日本の何十人もの人々がウクライナのために戦うことを志願しました