5月 26, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本からの高校生がサリー州で「啓発的な」時間を過ごしています

日本からの高校生がサリー州で「啓発的な」時間を過ごしています

ホソ・カギン高校の生徒はリーダーシップやコミュニケーションを学び、町中でボランティア活動をしました。

日本の高校がBC州に戻り、今回初めてサリー州を選択した。

茨城県常蔵覚院高校の生徒45人が春休みの一部をサリーで過ごした。同校にとっては新型コロナウイルス感染症のパンデミック以前以来初めてのBC州旅行となった。 学生たちは3月24日から4月1日までここに滞在し、ボランティア活動をしたり、教室で学習したり、市内や周辺地域でイースター活動を行ったりした。

「この経験は彼らにとって本当に啓発的なもので、彼らはコミュニティの一員になれることを喜んでいます」とムスコカ ランゲージ インターナショナル ホームステイ (MLI) のチームスーパーバイザーであるリサ シャフィは言いました。

MLI は留学生にサービスを提供し、シャフィーの部門はカナダに短期滞在する学生にサポートを提供します。 この特定の学生グループはサリー州のリーダーシップについて学ぶことに興味があったため、彼らのプログラムはそれを中心に提供されたとシャフィー氏は付け加えた。

生徒たちは一日のほとんどをサリー・クリスチャン・スクールで過ごし、そこで問題解決スキルを学び、コミュニケーションに取り組み、「多才な世界的リーダー」になる方法を学んだ。

続きを読む: サリー州の学生、ロレーヌ州の奨学金10万ドルが「人生を変える」と語る

学生たちはまた、サリー州のグル・ナナク・フードバンクで一日を過ごしてボランティアの経験も得ました。

常総学院の学生は通常ノースバンクーバーに滞在するが、これほど大規模なグループを受け入れるのに十分なホストファミリーを見つけるのは難しいとシャフィーさんは言う。 サリー州のコミュニティはさらに活動を強化し、合計 23 家族が自宅のスペースを提供しました。

「人々が在宅勤務を始めているため、以前よりもホームステイを見つけるのが難しくなりました…かつてあった寝室は、ホームオフィスなどになったため、もう利用できなくなっています」とシャフィーさんは説明した。

「彼らはサリー州に行ったことがないのでプログラムについてよくわかりません。ノースバンクーバーに来る予定なので、地域のホストファミリーがとても親切なのが嬉しいです。」

生徒たちは、家族と一緒に買い物をしたり、公園やビーチを訪れたりするなど、教室の外で個人的な時間を楽しむ機会もありました。

「出発当日、ホストファミリーが彼らを送り出してくれましたが、多くの学生はホストファミリーに別れを告げるのに苦労しました」とシャフィーさんは語った。

4月1日の最終日を前に、日本人学校へのお見送りとして、3月28日にお別れ会が開催されました。

「学生たちは地域での時間を本当に楽しんでおり、2025年にはおそらくもっと多くの学生を連れて戻ってくる計画をすでに立てています」とシャフィさんは語った。

READ  日本は7月のフランス大会に先立ちウルグアイを主催