4月 14, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本、6か月のデジタルノマドビザを導入へ

日本、6か月のデジタルノマドビザを導入へ

日本は、少なくとも年収1,000万円(5万3,000ポンド)を稼ぐリモートワーカーまたはデジタル遊牧民に6か月のビザを導入する予定です。

日本の出入国在留管理庁(ISA)は今月初めにこの取り組みを発表し、3月下旬に開始する予定だ。

49 の国と地域のリモートワーカーがこの取り組みの対象となります。 ジャパンタイムズ 報告。

自営業者を含む対象者は、米国、オーストラリア、シンガポールなどの母国が日本と租税条約やビザ免除協定を結んでいれば、「特定活動」ビザで日本に滞在することができます。

日本のデジタル遊牧民向けに新たに導入された6か月ビザは、期限切れ後すぐには延長されなくなる。

によると トラベルデイリーメディア再申請を希望する場合は、出国後6ヶ月以内に申請してください。

ビザ保有者は配偶者や子供を日本に連れてくることができます。 ただし、民間の健康保険に加入している必要があります。 また、このビザを持つ人には日本での証明書や在留カードは発行されないとISAは述べた。

日本は、エストニア、メキシコ、ポルトガル、台湾を含む拡大する国や地域のグループの一部となり、デジタル遊牧民に同様のプログラムを提供しています。

ストレーツ・タイムズ 日本の動きは、より広範な戦略の一環として、より多くのリモートワーカーを呼び込み、観光セクターを活性化することを目的としていると言われている。

日本はデジタル遊牧民がイノベーションに貢献し、国内の高齢化する労働力に活力を与えると考えている。

一方、日本のデジタルノマドビザの発表は、レディット、特にr/DigitalNomadサブレディットとr/ジャパンページで活発な議論を巻き起こし、数百のコメントを集めた。

しかし、多くの将来のデジタル遊牧民は、この新しいビザは他のデジタル遊牧民ビザと同様に、重大な資格要件を課していると指摘しました。

日本デジタルノマド協会は、2020年からますます人気が高まるこの慣行に対し、政府がより積極的な姿勢を取るよう主張している。 同協会執行役員のリオ・オセラ氏は、新たに導入されたデジタル遊牧民ビザへの支持を表明した。 abcニュース、 しかし、他のアジア諸国で利用可能なより寛大な政策を考慮して、制限は緩和されるべきであると主張している。

「現時点では競争力がありません…しかし、日本は現在非常に人気のある目的地です」とオセラ氏は語った。

「私たちはまだ政府と協議中です。 これは大きな一歩ですが、まだ十分ではありません。

データベースへの30万件以上のチェックインを分析したリモートワーカー向けウェブサイト「Nomad List」のデータによると、2023年には日本がリモートワークのトップの目的地として浮上した。 CNBC。

オーストラリア国立大学日豪研究センター所長のシロー・アームストロング氏は、「彼らには、私たちが慣れ親しんでいる、あるいは私たちが認識しているような、大規模で開かれた移民が存在しない」と語る。 ABCニュース

「しかし、約200万人の外国人、またはさまざまなビザで日本に住んでいる外国人がおり、その200万人は決して少なくない。

「彼らは非常に巨額の公的債務を抱えている。政府債務は、私たちがこれまでに見たものに比べて小さく見えてしまう」と同氏は語った。

「彼らは収入を増やす必要がある。だから外国人を迎え入れたら [a lower tax rate]人々がどのように反応するかを見るのは非常に興味深いでしょう。

韓国では、デジタルノマドビザ申請者は年収8,496万ウォン(5万2千ポンド)以上で、外国企業に雇用されていることが条件で、本人とその家族は最長2年間の滞在が許可される。

マレーシアは、年収3万2500ドル(2万5千ポンド)以上、ITやデジタルマーケティングなどのデジタル分野で働き、健康保険に加入している個人に最長2年間の「ノマディックパス」を提供している。

台湾の「ゴールドカード」は表向きデジタルノマドビザではないが、申請者には専門スキルに基づいて評価され、3年間無制限の入国、就労、居住権が与えられる。

タイの「長期居住ビザ」はデジタル遊牧民を最長10年間受け入れられる。

READ  日本のウクライナ首相が中国を中心に東南アジアへの旅を始める