3月 5, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本、36人死亡の2019年の放火事件で男性に死刑判決

日本、36人死亡の2019年の放火事件で男性に死刑判決

東京 – 日本の裁判所は木曜日、日本の京都のアニメスタジオで36人が死亡、30人以上が重火傷を負った衝撃的な放火事件で、殺人などの罪で有罪判決を受けた男性に死刑判決を下した。 。

京都地方裁判所は、被告の青葉真司被告に処罰に耐える精神能力があると認定し、退職後に判決を言い渡した。

青葉容疑者は2019年7月18日に京都アニメーションの第1スタジオに侵入し放火し、日本に衝撃を与え、世界中のアニメファンの悲しみを招いた。 検察側は、コンペに応募した小説が会社に盗まれたと考え、復讐を図ったと主張した。

45歳の青葉さんは重度の火傷を負い、2020年5月に逮捕されるまで10か月間入院した。 彼は車椅子で法廷に出廷した。

アヨバさんの弁護人は、アヨバさんには刑事責任を負う精神能力がないと主張した。

襲撃当時、日本の古都である京都南部のスタジオでは約70人が働いていた。 生存者の一人は、下から黒い雲が立ち昇り、その後猛烈な暑さを感じたので、空気を吸うために3階建ての建物の窓から飛び降りた、と語った。

1981 年に設立され、京アニとして知られる同社は、女子高生を題材とした大ヒットアニメシリーズを生み出し、スタジオの職人を育成しました。

日本のメディアは青葉さんを、請負仕事やアパートの引っ越しを繰り返し、隣人と喧嘩をしたトラブルメーカーだと評している。

東京の繁華街・歌舞伎町の火災は、44人が死亡した2001年以来の日本最悪の火災であり、現代では国内最悪の火災となった。

READ  上田日銀発言を受けて円は上昇。 USD/JPYは反転するのか?