7月 21, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本、20年にわたる「フロッピーディスク戦争」の勝利宣言

日本、20年にわたる「フロッピーディスク戦争」の勝利宣言

日本政府は、フロッピーディスクの普及を阻止するための20年にわたる戦いの勝利を発表した。

この動きは、ファックス機が依然として多くの分野で普及している中、昔ながらのオフィス慣行を現代化するという日本政府の骨の折れる努力の大きなマイルストーンとなる。

「6月28日、我々はフロッピーディスク戦争に勝利しました!」 河野太郎デジタル大臣は水曜日、政府内でファックスやその他のアナログ技術の廃止について声高に発言してきたと述べた。

ツイッターで250万人のフォロワーを持つカリスマ的人物である河野氏は、これまで国防省、外務省、新型コロナワクチン配備の責任者を務め、首相就任に失敗した後、2022年8月に現在の役職に就任した。

このデジタル庁は、新型コロナウイルス感染症(Covid-19)パンデミックの最中の2021年に設立されたが、その時は全国的な検査とワクチンの展開に苦戦し、政府が依然として紙の申請書と時代遅れのテクノロジーに依存していることが明らかになった。

しかし、日本のデジタル化への取り組みはいくつかの問題に直面している。 パンデミック中に接触追跡アプリが失敗し、度重なるデータクラッシュの影響で政府のマイナンバーデジタルIDカードの導入が予想より遅れている。

この成功を発表するデジタル庁の関係者はメディアに対し、車両リサイクルに関連した環境規制を除き、政府内でのフロッピーディスクの使用を管理する1,034の規制をすべて完了したと語った。

河野毎日氏は本紙の取材に「まだ1件あるが今月中に審査できる。デジタル化はかなり進んでいる。ファクスの活用も含めて必要な審査を続けたい」と語った。

日本は一般にハイテク現代大国とみなされているが、1980年代スタイルのテクノロジーへの広範囲な依存を反映して、政府部門は長い間遅れをとっていた。

次に、その人気のファックス機が、公的部門と民間部門の両方で文書を認証するために今でも広く使用されている「ハンコ」と呼ばれる個人用ハンドスタンプとともに、製造ラインに登場します。

昨年12月、教育当局は2026年までに学校からのファックス機の使用を禁止し、通信をデジタル化することに合意したと伝えられている。

READ  Mapletree Industrial、520億円の買収で日本のデータセンター市場に参入 | ニュース