5月 20, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本、抗議にもかかわらず福島の核汚染下水の第5の海洋への投棄を開始-新華社

日本、抗議にもかかわらず福島の核汚染下水の第5の海洋への投棄を開始-新華社

2023年8月18日、東京の首相官邸前で、核廃棄物を海に投棄する日本の計画に反対する集会に参加する人々。 (新華社/張暁宇)

過去4回と同様、放射性トリチウムを含む廃水約7800トンが5月7日まで排出される。

東京、4月20日(新華社通信)-日本は金曜日、機能不全に陥った福島第一原子力発電所から核廃棄物を含む廃水を太平洋に放出する第5ラウンドを開始した。

地元の漁師、住民、国際社会からの抗議にもかかわらず、原発を運営する東京電力(東京電力)は午前中に2024会計年度の最初のラウンドに向けた放射性廃水の排出を開始した。

過去4回と同様、放射性トリチウムを含む廃水約7800トンが5月7日まで排出される。

朝日新聞によると、東京電力は計画放出タンクに保管されている水を検査したところ、トリチウムを除くすべての放射性物質の濃度が国の放出基準を下回っていることが判明したが、除去できなかったトリチウムの濃度は海水で薄められることになった。 報告。

東京電力は期間中毎日、周辺水域のトリチウムなど放射性物質の濃度を測定し、放出の影響を調べる。

2024年3月11日、米国カリフォルニア州サンフランシスコの日本総領事館前で、福島の核汚染廃水の日本海への放出に反対する集会に参加する人々。 (写真提供:李建国/新華社)

漁師や地元住民は長年この避難計画に反対してきた。 福島県と宮城県の漁業者と住民約150人は2023年9月8日、核汚染水の海洋放出差し止めを求めて日本政府と東京電力を相手取って福島地方裁判所に訴訟を起こした。

3月4日には福島地裁で第1回公判が開かれ、原告署名者数は約150人から360人に増えた。

全国退職労働者労働組合協議会の武井秀樹会長は、新華社との最近の電子メールインタビューで、日本政府と東京電力が福島の地元漁民と協定を締結し、許可なく放射性下水を処分しないことを約束したと述べた。 関連するステークホルダーの理解。 しかし、昨年8月以降、合意を無視して核汚染水を無差別に海洋放出する行為は許しがたい。

政府と東京電力のいわゆる「処理水」には、東京電力が認めた多核種処分システム「高度液体処理システム(ALPS)」で処理された後も放射性物質が含まれている。

2023年8月31日、韓国のソウルで福島核汚染排水の日本海への放出に反対する集会に参加する人々。 (写真提供:楊張/新華社)

放射性物質が海洋に放出された後、食物連鎖を通じて人体に入るのは避けられないが、政府と東京電力は食物連鎖における科学的根拠に基づいた安全対策を講じていない、と滝秀樹氏は語った。

一方、福島原発の廃炉作業はほとんど進んでおらず、核廃棄物や汚染物質がいつ撤去されるか全く見通せない中、滝秀樹氏は、政府と東京電力は直ちに海洋放出を中止しなければならないと指摘した。

福島原発汚染水の放出は2023年8月に始まり、3月に終了した2023年度は4回に分けて計約3万1200トンが放出された。

東京電力は2024年度に、約14兆ベクレルのトリチウムを含む汚染水を7回に分けて計5万4600トン排出する計画だ。

READ  日本の新しい 2,500 円の究極の抹茶ラテ フロートは緑茶を新しいレベルに引き上げます