4月 20, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本、初の110億ドルの気候変動債券を発行

日本、初の110億ドルの気候変動債券を発行

日本政府は、特にハードな脱炭素化に焦点を当てたカーボンニュートラル経済への移行を支援する取り組みに資金を提供することを目的として、初の気候変動債券の発行完了を発表し、8,000億円(53億米ドル)の歳入を調達した。 産業部門を縮小する。

10年債の発行は計画されている110億ドルの転換社債による資金調達ラウンドの最初の部分となり、今後10年間の気候変動対策の資金として最大20兆円(1,330億米ドル)を調達するという政府の計画が始動する。

日本は、2030年までに温室効果ガス排出量を46%削減するという暫定目標を掲げ、2050年までに実質ゼロ排出を達成することに取り組んでいる。 政府は2021年までに再生可能エネルギーの割合を36─38%に倍増させる計画を発表した。 2030 年までに、エネルギー構成は 20% 未満になるでしょう。

政府の試算によれば、国の脱炭素化目標を達成するには今後10年間で官民合わせて150兆円(1兆米ドル)の投資が必要となり、必要な投資の大部分は産業の変革と大幅な改善の達成に向けられている。 エネルギー効率の面で。

2023年11月に発表された政府の気候変動債券枠組みに概要が示されているように、日本の移行債券の資金使途は、日本の「GX(グリーントランスフォーメーション)推進戦略」に沿ったプロジェクトの特定カテゴリーに割り当てられるべきである。 排出削減に貢献し、産業競争力や経済成長の向上に貢献する分野は、主に削減が難しい分野の企業が実施するプロジェクトです。

この枠組みの中で政府は次のように述べた。

「再生可能エネルギーなどの分野でのグリーン投資をさらに促進することに加えて、削減が難しい分野(非代替産業分野や代替エネルギー分野での低炭素化への取り組みなど)における脱炭素化への移行を促進することが重要です。脱炭素化に向けた時間的措置は、技術的および経済的の両方の観点からです。

GX 推進戦略の 14 の「将来のアクション」イニシアチブに従う適格な投資カテゴリーは、再生可能エネルギー、原子力、水素、バッテリーの支援などのエネルギー供給側の変化と、エネルギー効率の改善から促進への需要側の移行をターゲットにしています。 運輸部門の変革、カーボンリサイクルとCCS、産業におけるクリーン燃料の導入とインフラにおける資源循環。

政府は2月27日に第2回債の発行を目指しており、2024年4月から始まる会計年度に1兆4000億円(93億米ドル)の気候変動対策債を発行する予定だ。

READ  日本はフロッピー ディスクやファックスから離れようと奮闘しています