9月 30, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本、中国に対抗するために長距離ミサイル配備を検討 – 読売新聞

2022 年 7 月 21 日のこのイラストには、中国と日本の国旗が印刷されています。REUTERS/Dado Ruvic/Illustration

Reuters.com に無制限に無料でアクセスするには、今すぐサインアップしてください

[東京 21日 ロイター] – 日本は中国に対する反撃能力を高めるため、長距離巡航ミサイル1000発の配備を検討していると、読売新聞が日曜日に報じた。

日刊紙は、政府筋の話として、ミサイルは射程を 100 km (62 マイル) から 1,000 km に延長するように改造されると述べていると述べた。

読売報道官は、船舶または航空機によって発射された武器は、主に南西諸島周辺に配置され、北朝鮮と中国の沿岸地域に到達できると述べた。

Reuters.com に無制限に無料でアクセスするには、今すぐサインアップしてください

日本の外務省の代表者は、報告書に関するコメントの要請にすぐには応じなかった.

戦後の憲法が戦争を放棄したことで、自衛のためだけに軍隊を使用できることを意味した日本は、近年、軍事費を増やし、より積極的な戦略をとってきました。 しかし、外国の標的を攻撃できる武器が限られているため、長距離ミサイルの配備は控えている。

米国下院議長のナンシー・ペロシが今月台湾を訪問した後、地域の緊張が高まったが、中国が主張している。 北京は、台湾と日本の排他的経済水域の近くでミサイルを発射しました。 続きを読む

Reuters.com に無制限に無料でアクセスするには、今すぐサインアップしてください

東京のロッキー・スウィフトからのレポート。 編集:ウィリアム・マラード

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  エディー・ジョーンズは日本のクラブでオーストラリア人として裁判にかけられ、イングランドテストから撤退する