12月 11, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本、上場企業の四半期報告書を廃止へ

日本、上場企業の四半期報告書を廃止へ

日経アジアによると、日本の議員らは企業が提出しなければならない報告書の数を減らす法改正を交渉している。

この動きにより、上場企業は四半期ごとに財務諸表を提出する代わりに、年に2回報告することが可能となる。

修正案 金融商品取引法 日経アジア紙の報道によると、4月から会計年度の第1四半期と第3四半期の四半期報告書が廃止され、その内容が財務諸表にまとめられることになる。

参照: 日本と韓国の技術シェア、エネルギー提携の野望

先週後半に日本の参院財務委員会で承認されたこの法案は、上場企業に半期報告書の提出を義務付けるもので、非上場企業にはこれまで義務付けられてきた。

これは、四半期報告書の内容が財務諸表と重複する、企業による財務書類作成の現在のプロセスに対処することを目的としています。

同紙によると、日本の議員らは新興企業の株式公開にかかる時間を短縮する事業法案を審議している。

好調な収益と需要で日本株が上昇

一方、月曜日、日本株は堅調な収益とオフショア需要が3週間の連勝に拍車をかけ、1990年以来の高値を付けた一方、中国人民銀行による人民元の対ドルでの広範な軟化につながった。

日本の 日経平均株価 利益はピーク時にも得られましたが、年初からトピックスに比べて 8.2% 増加しています。

投資家が最終的なマイナス金利引き上げに備えたため、月曜は金融株が上昇する一方、自動車メーカーは円安と輸出増加の恩恵を受けた。

MSCIが日本以外のアジア太平洋株で構成する最も幅広い指数は、先週2.8%上昇して2カ月ぶりの高値を付けた後、0.8%上昇した。

イスラエル、米国、ハマスが5日間の停戦と引き換えにガザの人質を解放することで暫定合意に達したとの報道もあるが、まだ何も確認されていない。

中国人民銀行が大方の予想通り金利を据え置いたが、人民元の足元を固めたため、中国の優良株は0.2%下落した。人民元は1ドル=7.2000円を下回り、3カ月ぶりの安値を付けた。

ユーロストックス 50 先物は堅調でしたが、FTSE 先物はわずかに堅調でした。 S&P500先物は0.15%下落し、ナスダック先物は0.35%下落した。 S&Pは現在、年初から18%近く上昇しており、7月の最高値からは2%未満しか上昇していない。

市場は12月か来年の追加利上げリスクを織り込んでおり、3月に緩和が開始される可能性が30%あることを示唆している。 先物市場では2024年までに利下げ幅が100ベーシスポイントになると見込まれており、10月のインフレ報告で市場が動揺する前の77ベーシスポイントから増加している。

絆が結集

こうした見通しが債券相場の上昇に寄与し、10年米国債利回りは先週19ベーシスポイント低下し4.45%となり、10月には5.02%上昇した。

この影響で先週、米ドルは通貨バスケットに対して2%近く下落し、ユーロは先週2.1%上昇して1.09365ドルとなった。

ドルも利回りの低い円に押され、直近では0.5%安の148.89ドルとなり、最近の最高値である151.92ドルを下回った。 今週後半に再び力強い賃金ラウンドが予想され、コアインフレ率が上昇するとの期待がさらに騒ぎを加速させた 結局日銀の引き締めになった

  • ジム・ポラードによる追加編集を含むロイター

以下も参照してください。

日銀は早ければ2024年にもマイナス金利を終了する構えだ

日銀は刺激策中止のコストを恐れていない、と上田氏は言う

韓国、日本、中国は年内に首脳会談を開催する可能性がある

READ  Apple が 40 年間にわたって日本で巨大な存在であった理由は何ですか?