6月 18, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本、マニラMRT3号線改修第2期に資金提供

日本、マニラMRT3号線改修第2期に資金提供

フィリピンと日本政府は、マニラMRT-3改修プロジェクトの第2段階の資金の一部を提供する174億円(1億2,470万ドル)の融資契約に署名した。 資金は国際協力機構(JICA)から提供される。

この協定には、日本の松田健一臨時代理大使とフィリピンのエンリケ・マナロ外務大臣が署名した。

この改修では、新しい車両、改良された線路に加え、路線の信号システム、電力、架線、通信システム、車両基地および駅の設備を導入することにより、輸送力が増加します。 この路線はコモン駅まで延長され、通勤者はここで LRT-1、MRT-7、および建設中のメトロマニラ地下鉄と乗り換えることができます。

MRT-3 への補助融資は 2 月 2 日にフィリピン国家経済開発委員会によって承認され、総プロジェクト費用の 296 億ペソ (5 億 2,710 万米ドル) の増加に充てられる予定です。 運輸省から提出された作業範囲。

高架 MRT 3 は、マニラ首都圏の交通量の多い大通りであるエピファニオ デ ロス サントス アベニュー (EDSA) に沿って走っています。 路線のインフラと車両の状態はメンテナンスの欠如により悪化し、その結果、輸送力が低下し、運行上の問題が頻繁に発生しました。 安全性と効率性のレベルを回復するための即時修復プログラムが、フェーズ 1 の下で日本の請負業者によって実施されました。

融資契約の締結に続いて、DOTrと住友商事は、2023年6月から2025年7月までMRT-3の修復と維持のための73億8,000万ペソ相当の延長契約を締結した。

MRT-3 の当初の設計者、建設者、初期メンテナンスプロバイダーである住友は、技術パートナーである三菱重工業とともに、今後も線路のメンテナンスと修復を提供していきます。

住友商事は、既存の3両編成の客車に代わって4両編成の車両を導入し、定員を増やす。

オリエンタルコンサルタンツグローバルおよびドニチエンジニアリングコンサルタントと締結されたリハビリテーションおよびメンテナンス監督コンサルタント契約は、2025年10月まで30か月間延長されました。

このローンには、0.01% の金利が適用されるアドバイザリー サービスへの融資を除き、年 0.1% の暫定金利が適用されます。 返済期間は10年間の据置期間を含む40年間です。

READ  マンガの著作権侵害サイトは日本で広まっています