5月 18, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本、インド、フランスは、スリランカの債務に関する債権者会議を開始しました

日本、インド、フランスは、スリランカの債務に関する債権者会議を開始しました

ワシントン: 木曜日、日本、インド、フランスは、スリランカの債務を再編するための二国間債権者間の協議のための共通のプラットフォームを発表した。

しかし、スリランカ最大の二国間貸し手である中国が、スリランカの債権者間の一連の会合を開始することを目的として、G7 首脳日本が今年開始したイニシアチブに参加するかどうかは依然として不明である。

日本の鈴木俊一財務相はブリーフィングで、「このように幅広い債権者グループを集めてこの交渉プロセスを開始することは歴史的な結果である」と述べた。

「このパネルはすべての貸し手に開かれている」と彼は言った。

フランス財務省のエマニュエル・ムーラン長官は会議で、グループは「できるだけ早く」第1ラウンドの会談を行う準備ができていると語った。

スリランカの中央銀行総裁は今週ロイターに対し、協議のための単一のプラットフォームを持つことは、より簡単な議論と情報共有を促進するため、歓迎すべき動きになるだろうと語った.

人口 2200 万人の島国は先月、国際通貨基金から巨額の債務負担に対処するための 29 億ドルのパッケージを受け取りました。 しかし、中所得国は、低所得国のみを対象とする債務処理に関する G20 の共通の枠組みの下で救済を申請することはできません。

これにより、主要経済国には、新しいプラットフォームの作成につながる代替計画を考え出す責任が生じました。

政府の公式データによると、スリランカは二国間債権者に 71 億ドル、中国に 30 億ドル、パリクラブに 24 億ドル、インドに 16 億ドルを負っています。

政府は、ユーロ債で 120 億ドル以上を外国の民間債権者と再交渉し、27 億ドルをその他の商業ローンで再交渉しなければなりません。

スリランカは今月、国内債務の一部を再編するための交渉を開始し、5 月までに合意を完了することを目指しています。

READ  ルーマニア、日本は橋のサイトで外交の100周年を発表します