10月 6, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

既視感の危機で資産の崩壊が日本の道を行く中、中国は停滞に向かっているのでしょうか?

中国の不動産資産 不動産バブルと20年以上にわたる経済停滞に対処してきた日本の経験は、長期にわたる価格崩壊のリスクにさらされている、とアナリストは述べた。

家計消費と投資が大きな打撃を受ける可能性が高く、政府の財政資源が逼迫しているため、不動産危機が本格的な経済危機に発展するという懸念が世界第2位の経済大国に大きく迫っている。 ナティクシス・コーポレート・アンド・インベストメント・バンクによると、不動産部門の危機は、重要な収入源である土地の販売にも影響を与えています。

フランスの投資銀行のアジア太平洋担当首席エコノミスト、アリシア・ガルシア・エレーロ氏は「少し心配だ。価格が非常に低い場合、それが資産価格のインフレを促進することはよく知られている」と述べた。

「それは日本で起こったし、多くの理由でデフレ圧力の下にある中国でも起こる可能性がある.1つは高齢化であり、もう1つはバブルを崩壊させるという考えだ.私には、資産価格が上がる。構造的に、特に不動産価格だ」

世界中の最大のトピックやトレンドについて質問がありますか? で答えを得る SCMPの知識受賞歴のあるチームが提供する、説明、FAQ、分析、インフォグラフィックを備えた新しいサイトのコンテンツ。

1980年代、日本人は過剰な貯蓄と金融緩和政策をとっていたため、人々は不動産を購入し続けました。 これが 1990 年代に巨大な不動産バブルを引き起こし、投資家は不動産価格が上昇し続けるだろうと推測しました。 ナティクシスによると、これは日本の経済成長が停滞し、デフレが経済の特徴であった「失われた10年」につながった.

中国の場合、民間開発業者の高い債務水準は、リスクの高い借入を抑制することを目的とした北京の「3 つのレッド ライン」によって前面に出されています。 中国恒大グループやその他の弱小デベロッパーは、これ以上の債務を利用することができず、債券の支払いを不履行に追い込んでいる。

日本の銀行野村によると、中国のデベロッパーは 2021 年の第 2 四半期までに最大 5 兆ドルの債務を負っています。

中国の小規模銀行が「完璧な嵐」に直面する中、預金者は危険にさらされている

固定資産投資全体の 5 分の 1 強に過ぎない不動産セクターの問題は、経済に悪循環をもたらす可能性があります。 固定資産投資は 7 月に約 5% 減少しました。

一方、政府歳入の約 5 分の 1 を占める土地販売は、不況時や財政が逼迫しているときに開発業者が土地を購入する可能性が低くなるため、不動産の不振に見舞われる可能性があるとナティクシス氏は述べています。

物件の売却 格付け機関のムーディーズ・インベスターズ・サービスは、問題を抱えた開発者が救済される可能性は低いと予測しています。 リクエスト 今後6か月から12か月にわたって減少し続けるでしょう。

昨年、投資運用会社アーク・インベストメント・マネジメントの創業者であるキャシー・ウッド氏は、中国の不動産バブルが1990年代に日本のように崩壊する可能性があると警告し、中国政府に対し不動産部門での過剰な借り入れを抑制するよう促した.

しかし、大きな違いがあると言うアナリストもいます。 例えば、行政上の制限により、北京は東京よりも住宅市場の監視が進んでいます。

「中国経済の不動産市場は、川上産業と川下産業と強く結びついている」と、シンガポール国立大学の不動産・都市研究所のシン・ティエン・フー教授兼所長は述べた。沈静化しない場合、経済に重大な波及効果をもたらす可能性があります。」

不動産市場を安定させるための政府の政策

シン氏は、中国政府が日本のような資産バブルや、2007年の米国のサブプライム危機の再発を防ぎ、回避するために、金融市場を安定させるために介入する可能性が高いと述べた。

中国は今年、金融セクターの不安定化を食い止めるため、銀行システムに 3,200 億元 (462 億米ドル) を投入しています。 これらの資金の一部は、銀行に転用される地方政府のインフラ債からの収益です。

また、バブルが投機によって煽られた日本とは異なり、中国の住宅需要は「依然として強い」と、ナイトフランクのディレクター兼大中華圏調査およびコンサルティング責任者であるマーティン・ウォン氏は述べています。

中国の不動産市場の低迷が国営デベロッパーの収益を減少させている

「エンドユーザーの需要が強いため、中国では不動産バブルは見られない」とウォン氏は語った。 需要の減少は「主に、現在の債務問題と経済成長に関連した短期的な買い意欲の鈍化によるもの」です。

ナティクシスの日本・太平洋担当シニアエコノミスト、岩原浩平氏は、北京でのハードランディングを防ぐための手段が増えたので、中国は日本の資産バブルと経済停滞への道を歩むことをまだ避けているかもしれないと述べた。

「1990 年代後半の日本と比較して、中国はマクロプルーデンス政策を確立しています。 [and] 中国は不動産市場の供給をコントロールするツールを持っている.要するに、中国はより多くの資源を手にしており、それを動員して需要と不良債権に影響を与えることができる.ただし、移動は社会全体に影響を与えるため無料ではなく、価格が高くなります。

サウス チャイナ モーニング ポストのその他の記事:

最新ニュース サウスチャイナ・モーニング・ポスト 私たちのダウンロード モバイルアプリ. 著作権 2022.

READ  福音派映画が2021年の日本リストのトップ