3月 5, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

新型コロナウイルス調査:政府は「訴訟に負ける可能性がある」と大臣が発言

新型コロナウイルス調査:政府は「訴訟に負ける可能性がある」と大臣が発言

  • クリスティ クーニー著
  • BBCのニュース

写真のキャプション、

元首相はパンデミック発生から1年以上経った2021年4月まで手紙を届けなかった

政府閣僚は、政府が新型コロナウイルス調査に対する訴訟で敗訴する可能性が高いと述べた。

これは政府が、ボリス・ジョンソン氏の編集されていないメッセージをWhatsAppに送信したことについての調査要請を巡り、司法審査を求めると発表したことを受けてのことだ。

ジョージ・フリーマン科学大臣はBBCの質問に応じ、裁判所が文書を提出する義務があると判断することに「ほとんど疑問がない」と述べた。

同氏は、当局者にプライバシーの権利があるかどうかを「テスト」する価値があると付け加えた。

政府は木曜日、パンデミック中にジョンソン氏と他の閣僚や当局者40名との間で交わされた書簡の送付期限である日本時間16時を過ぎた。

首相の政権運営を支援する内閣府は、書簡の多くは無関係であり、書簡を手渡すことは閣僚のプライバシーを侵害し、将来の意思決定を妨げると主張した。

元判事で検死審問の責任者である同僚のハレット男爵夫人は、関連資料をどう判断するかは彼女次第だと述べた。

政府が勝訴すると思うかとの質問に対し、フリーマン氏はBBCに対し、ハレット氏には「どの証拠が関連性があると考えるか」を決定する権利があると「裁判所はおそらく見解を示すだろう」と信じていると語った。

同氏は、「人々のプライバシーは非常に重要」であり、私信をどのように扱うかという問題は「検討する価値のある点」であると付け加えた。

「捜査が『いいか、我々は新型コロナに関係のないものはすべてプライバシーを完全に尊重する。編集するつもりだ』と言うような状況を見てみたい」と同氏は述べた。

政府が公的調査に対して法的措置を講じたのは今回が初めてとみられる。

ジョンソン氏は、書簡を内閣府に提出しており、変更せずに調査に転送してもらえれば「大満足」だと述べた。

元首相の広報担当者によると、元首相はパンデミック発生から1年以上が経過した2021年4月までメッセージを配信していなかったが、その理由は、携帯電話がセキュリティ侵害に巻き込まれ、それ以来電源が入っていなかったためだという。

同報道官は、安全性を損なうことなくコンテンツを取得できるよう技術サポートを提供できないか、内閣府に書簡を送ったと付け加えた。

画像ソース、 ゲッティイメージズ

写真のキャプション、

犠牲者の遺族らは政府の姿勢に不満を表明した

この物語は、パンデミックへの対処方法から得られた教訓を概説することを任務とする調査団が最初の公聴会を開催する数週間前に発表された。

新型コロナウイルス感染症対策団体「正義のための遺族」のロビー・アキノラ氏は、異議申し立てを提起するという政府の決定に遺憾の意を表明し、捜査を「弱体化」させようとする一環であるのではないかと懸念していると語った。

同氏はBBCのザ・ワールド・トゥナイトで「イライラしており、怒っている」と述べ、「何が問題だったのかを理解して再発防止に努めているが、それが…政府の主張だ」と付け加えた。戻る。”

同団体の代理人弁護士エルカン・アブラハムソン氏は、資料の引き渡し拒否は「捜査の公平性と、大統領がすべての資料を見ることができない場合にどれだけ公開性と透明性を確保できるかについて疑問を生じさせている」と述べた。

野党も政府に対し調査要請に応じるよう求めた。

労働党のアンジェラ・ライナー副党首は、今回の法的異議申し立てを「新型コロナウイルス捜査を台無しにする」だけの「証拠を隠蔽しようとする必死の試み」だと述べ、一方、自由民主党は「すでに長い間待っていた遺族にとっては痛手だ」と呼んだ。答えます」。

READ  政府がジョンソン氏のWhatsApps閲覧による新型コロナウイルス捜査を阻止する法的入札を開始