7月 16, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

新型コロナウイルス感染症以降、日本での果物と野菜の購入が大幅に増加している

新型コロナウイルス感染症以降、日本での果物と野菜の購入が大幅に増加している

パンデミックの前、日本の農林水産省(MAFF)は地元住民の果物と野菜の消費不足を強調しており、2019年の全国調査では1日あたり平均野菜280.5グラム、果物100.2グラムだった。

どちらのカテゴリーでも、これは健康日本21指数が設定した1日当たりの平均消費量を野菜350グラム、果物200グラムとする目標を大きく下回っており、これらのカテゴリーへの消費者の関心を高めるという政府の深い関心をさらに刺激している。 。

しかし、農林水産省が実施した新型コロナウイルス感染症以降初の消費者調査では、2,000人以上の消費者と食品業界の小売店および供給業者18社が参加しており、果物や野菜への関心がすでに高まっていることが示されている。 エピデミック

この関心の高まりによる日本人の果物と野菜の消費量の具体的な増加を詳述する包括的な消費調査は来年予定されているが、同省はこの最新の調査結果がより良い食生活への前向きなスタートになると見ている。 手順。

「調査対象となったすべての小売業者は、野菜に対する消費者の需要が大幅に増加していることに気づいており、87.5% が果物についても同様であると報告しています。」農林水産省農産物局は調査結果を正式報告書として発表した。

「パンデミックの明らかな影響により、多くの消費者は健康意識の高まりにより、より多くの地元農産物やオーガニック製品を求めています。

READ  日本のOhArchitectureのバーベキューテラスを構成するピッチングスチールブロック