12月 4, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

新しい日本のキットカットは東京で栽培されたカカオを使用しています

日本製であり、以来 実際には 日本製。

先月、ネスレは新しい地域限定のキットカットを日本のラインナップに追加しました。東京アイランドレモン地元産のレモンを使用した、 小笠原市は東京の世界遺産に登録されている小笠原諸島に位置しています.

▼ 父島の小笠原は、本土からフェリーで 24 時間かかりますが、それでも大都市の一部です。

東京島がレモンの産地だと知って驚かれた方も多いと思いますが、小笠原で栽培されていることだけが驚きではありません。 結局のところ、島は独自のカカオを生産しており、現在、別の新しいキットカットを作るために使用されています. 東京ココ.

2010年以来、カカオ豆は通常、赤道の南北20度の地域で栽培されているため、ほぼ日本の小笠原でカカオの木が静かに成長しています. 赤道の北緯36度。

▼オカシャバラは 北緯20~27度

平塚製菓は小笠原でカカオを栽培し、土づくりから栽培、収穫、発酵までを一貫して行い、安全で追跡可能なサプライチェーンを確保しています。

プレスリリースによると、東京カカオは「カカオの味わいと風味の深み」を味わえる、力強くフルーティーな香りとマイルドな味わいが特徴。 日本では珍しい国産カカオのチョコレートしたがって、この新しいキットカットの発売は、世界中のチョコレート愛好家の間で話題になることは間違いありません.

▼ただし、一部の店舗でしか購入できないため、なかなか手に入らないかもしれません

東京カカオは、カカオ豆の形をした容器に入ったチョコレート4個を756円(5.05米ドル)で販売し、8ピースのギフトボックスを1,296円で販売する. チョコレートは東京都内のおみやげ店、東京駅の東京ギフトパレットショップ、11月9日から羽田空港と成田空港で購入できる。

ソース、画像: 広報タイムズ
● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? フェースブックでフォローしてツイッター!

READ  日本の総理大臣は世界パラセーリング選手権を歓迎します