7月 24, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

新しい帆走計器が日本に導入されました

新しい帆走計器が日本に導入されました

福岡に本拠を置くエコマリンパワー(EMP)は本日、船舶用の新型セイルリグを開発したと発表した。 セイルキットである Sailet は、EMP の特許取得済み EnergySail によって生成される推進力を増強することができ、スタンドアロンのセイル補助推進装置またはエネルギー貯蔵装置としても使用できます。 さらに、EnergySail の改造として使用して、貨物輸送中や嵐の際の保護を強化することもできます。 特許出願中のため、シルエットの画像はまだ公開されていない。

数値流体力学に基づく研究では、この新しい装置がボートにかかる力の方向を調整することができ、それによって、特にEMPが開発したコンピュータベースの自動化および制御システムと組み合わせた場合に、一種の荷重制御として機能することが示されました。 複数の戦略的パートナーと提携。

Sailetは2024年初めに海上試験の準備が整う予定で、2021年にClassNKによって原則承認(AIP)されたEMPの硬質帆および太陽光発電ソリューションのAquarius MRE(写真)と組み合わせる予定です。

カイト、ローター、ハードセイルなど、風力補助テクノロジーを求めるボートオーナーにとって、これまで以上に選択肢が豊富になったことはありません。

風力推進促進団体である国際風力船協会(IWSA)のギャビン・オールライト事務局長によると、海運業界は今年、風力推進システムと4基の風力タービンを設置した23隻の大型船で総載貨重量トン数を1.4メートルにする準備が整い始めたという。 。

セイルパワーの再開により、今年は合計24隻の新たな設備が導入されると予測されており、主にばら積み貨物船や一般貨物船など約50隻の船舶で合計300万重量トンを超えることになる。

ABSのグローバル持続可能性担当ディレクターのパノス・コウツラキス氏は、「2023年から2024年は、商用および規制上のドライバーの影響で、船舶の風力補助推進システムの計画と発注が飛躍的な年になる可能性がある」とシスター・トピックに語った。 深層空気推進機能のスプラッシュエクストラ 今年初め。

READ  英国はまだ日本、ニュージーランド、スウェーデンおよび他の22カ国で禁止されています