12月 4, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

文化勲章受賞者のための式典

社会文化


東京、11月3日(新華社)-日本は水曜日に東京の皇居で今年の文化勲章を主催しました。

9人の受賞者のうち6人が文化の日の式典に出席し、今上天皇のメダルを贈呈しました。 参加者には、読売ジャイアンツプロ野球チームの元マネージャーである中島茂雄さん(85歳)、寺島秀幸氏の本名であるカプキ俳優の七代目尾野菊コロさん(79歳)、詩人の岡野博彦さん(97歳)、文化人類学者の川田淳三さん(78歳)、画家の森さん( 70。

今年のノーベル物理学賞受賞者であるアメリカの科学者眞鍋晋郎(90)と分子生物学者の岡崎菅子(88)は出席しなかった。 真鍋は、米国のプリンストン大学の上級気象学者です。

残りの受賞者は、日本でバレエ界をリードしてきた牧阿佐美で、10月20日に87歳で亡くなりました。 旧姓が福田麻美であるマッキーは、すでに非公式に受賞を承認していた。 死。

今上天皇は受賞者に、「長年の努力の末、皆様が我が国の文化発展に多大な貢献と多大な貢献をしてくださったことを大変うれしく思います」と語った。 その後、皇帝は出席者全員に話しかけました。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

ジジプレス

READ  新日鉄-トヨタの確執が技術的なリークのために韓国に戻る