7月 12, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

教皇フランシスコ、2年ぶり2度目の腸手術を受ける

教皇フランシスコ、2年ぶり2度目の腸手術を受ける

ローマ 教皇フランシスコは水曜日、手術から2年が経過した腸の手術を受けた。 13インチの結腸が切除されました 大腸の炎症と狭窄が原因です。

この手術は腸の瘢痕組織を除去し、86歳の教皇を悩ませている最新の病気であるフランシスコの腹壁のヘルニアを修復することに成功した。

バチカンは、フランシスコに全身麻酔が必要な3時間の手術中に合併症はなかったと発表した。 教皇はローマのジェメリ病院に数日間滞在する予定で、6月18日までのすべての教皇ミサは中止された。

ジェメッリの腹部科学・内分泌部長でフランシスさんの2021年の結腸手術も執刀したセルジオ・アルフィエリ医師は、手術は成功したと語った。 その直後、教皇は起き上がり、警戒し、冗談も言った。

「3回目はいつやりますか?」 フランシスコはこう言ったと伝えられている。

手術中、医師らはここ数カ月間の痛みに加え、部分的な閉塞の原因となっていた腸の内部癒着や瘢痕を除去した。 アルフィエリ氏は、フランシスコ氏が2013年以前にアルゼンチンで非公開の腹部手術を受けており、その際にも傷跡が残っていたことを明らかにした。

以前の傷の上に形成されたヘルニアを修復するために、合成メッシュが腹壁に配置されたとアルフィエリ氏は述べた。 さらに、教皇は他の病気には罹っておらず、切除された組織は良性であり、回復すれば元気になるはずだと付け加えた。

ヘルニア裂傷による腸内には恐ろしい隆起や膨満は見られませんでした。

イェール大学医学部結腸直腸外科部長のウォルター・ロンゴ医師は、「彼らは腸を傷つけることなく間一髪で手術したようだ」と述べ、手術には関与していないが医師と相談した上でコメントした。 手続きに関するバチカンの声明。

2023年6月7日、教皇フランシスコは腹部手術を受ける予定だったその日、バチカンのサンピエトロ広場での毎週の一般謁見を終えて出発した。

ヤラ・ナルディ/ロイター


「術後の正常な月経と完全な機能回復を可能にするために、医療施設での滞在は数日間続くだろう」と声明は述べた。

フランシスさんは2021年7月、以前の腸の手術のためジェメリで10日間を過ごした。 彼はバチカンが急性大腸炎と結腸の狭窄と表現した病気に苦しんでいた。

1月のAP通信とのインタビューで、フランシスさんは2021年の手術のきっかけとなった憩室、つまり腸壁の隆起が再発したと語った。

フランシスコは火曜日、バチカンの発表による健康診断のためジェメッリを訪れた。 当時、彼女は詳細を明らかにしなかった。

86歳のフランシスコは、水曜日の朝、サン・ピエトロ広場で聴衆の前に姿を現し、ショッピングカートで広場を歩き回り、信者たちに挨拶した。 バチカンは、その前の水曜日の朝にも2回会合を開催したと述べた。

アルゼンチンの法王は若い頃に肺の一部を切除された。 彼は坐骨神経痛にも悩まされており、膝の靱帯損傷により1年以上車椅子と歩行器を使用している。

教皇は3月下旬に3日間病院で過ごした。 バチカンは当初、同氏が定期検査を受けていたと発表していたが、後に胸に痛みを感じて病院に運ばれ、気管支炎と診断されたことを明らかにした。 抗生物質の静脈注射を受け、4月1日に釈放された。 彼は「まだ生きている」と皮肉った。

フランシスは最近、毎日複数の聴衆を抱えて多忙なスケジュールをこなしています。 バチカンは最近、教皇庁とイタリアが通常休暇となる8月は旅行が多い月であることを認め、8月の第1週には4日間ポルトガルを訪問し、8月31日からはモンゴルへも同様に長旅を予定している。

訪問が継続していることを示すものとして、バチカンは火曜日、フランシスコが8月2日から6日まで世界青年の日の行事のためにポルトガルを訪問する予定の旅程を発表した。 この旅程では、公式訪問のためのすべての議定書会議のほか、青少年との複数のイベント、ファティマのマリアン神殿への日帰り旅行など、通常は多忙なスケジュールが強調されています。

READ  複数の爆発がウクライナ東部ハリコフを揺るがす